販売価格
4,000円(内税)
在庫数
残り 4 セットです
購入数
セット
発送方法

レビュータイトル
  • きょん ( 30代 ・ 女性 )
  • ID:158875
  • 投稿日:2016/05/29 16:18:53
おいしかったです
ぜんぜん!クセがありません。
びっくりしました。もうスーパーで買い物できなくなりました。
丁寧に育てられた豚肉に心から感謝の気持ちしかありません。
  • asami ( 40代 ・ 女性 )
  • ID:107461
  • 投稿日:2015/05/09 16:56:48
大切に食べさせて頂いています。
  • fhin ( 40代 ・ 女性 )
  • ID:107454
  • 投稿日:2015/05/09 16:48:40
走る豚さんはいつも大人気ですね。感謝して頂いています。
  • しろん ( 40代 ・ 女性 )
  • ID:107418
  • 投稿日:2015/05/09 15:51:15
脂のすっきり感が全く違います。いつも直ぐに売り切れてしまうので皆さんご存じなのでしょうね。
  • しろ ( 未記入 ・ 未記入 )
  • ID:96825
  • 投稿日:2015/02/13 17:05:42
感謝!
脂っこくなく、後味もスッキリで他の肉と格段に違います。
  • ソフィ ( 20代 ・ 女性 )
  • ID:74175
  • 投稿日:2014/09/14 05:28:32
リピート決定です。
とっても美味しいです。一人暮らしですが、小分けしてあるので少しずつ使えて便利です。パックのなかのお肉同士を剥がして冷凍室へ閉まっておくともっと使い勝手がよかったかなと思うので、次はそうします。ありがとうございました!
  • しなもん ( 未記入 ・ 女性 )
  • ID:59060
  • 投稿日:2014/04/18 19:55:44
ごめんなさいっ!でも美味しいっ!
命の素晴らしさを実感しました。大量消費としての品ではなく、食物として命を頂くことの感謝の気持ちが湧きます。大切に頂きました。
  • うっししー ( 40代 ・ 女性 )
  • ID:26816
  • 投稿日:2013/04/22 02:43:36
おいしい豚肉です。
冷凍なのでミンチはパラパラと小分けできて、チョット使いができて便利でした。スライスは1枚1枚が大きく、肉巻きを作るときに重宝しました。お肉も脂身も美味しく、家族に大好評でした。ただ一頭買いなのにお得感がないので星は4つ。セットにミンチが入っているのがポイントだと思います。
豚肉の部位

【走る豚 飼料】
NON-GMOトウモロコシ(アメリカ・オーストラリア産)・ 圧片麦(オーストラリア産)・ふすま(オーストラリア産)・米ぬか(九州産)・グルテン(アメリカ産)・大豆かす(アメリカ産)・炭酸カルシウム(福岡)・塩(長崎県産)・熊本県産無農薬野菜(さつまいも・さといも)

走る豚1.1kgセットの写真

ご家庭にもバーベキューにもどうぞ。合計1.1kgセット

お届けするのはローススライス300g、モモスライス300g、バラスライス200g、ミンチ300gの、合計1.1kgのセットです。「走る豚」をまるまる楽しめるこの盛りだくさんのセット、ご家庭はもちろん、バーベキューなどのイベントごとにもぜひご利用ください。 

やまあい村の「走る豚」の写真

餌に群がる「走る豚」の写真

窪地で休む「走る豚」の写真

大自然の中で走って、食べて、休む豚。

「ブヒーッッ!!」土埃をあげながら、もの凄い勢いで走り回る豚たち。菊池市の山中にある「やまあい村」では、3500坪もの広大な土地で100頭ほどの豚の放牧飼育を行なっています。狭い豚舎で飼育されているイメージとは180度違い、ここの豚はまさに"野生"。クヌギ林の間をところ狭しと走りまわり、疲れたら土の窪みで休憩し、そして再び走りまわります。走る速度はなんと時速30km!意外に速いんです。
元々この場所は国が産業廃棄物の処分場を作る予定でした。しかし「菊池の大切な自然の山を破壊するなんて以ての外」と、武藤計臣さんが仲間と共に反対運動を起こし、その後この土地を買い取って「やまあい村」を作りました。

走り回る豚たちの写真

かつて日本テレビで放送されていた料理バラエティ番組「どっちの料理ショー」で紹介され、大変な反響をよんだ「走る豚」。その走る豚の特徴はその味わい豊かな肉質。運動させずに育てた豚と違い、走りまわって育つ豚の肉は余計な脂肪分が減り、適度な歯ごたえとやわらかさがあります。また豚肉特有の肉の臭みが少なく、食べた時に五感で感じる味わいが違います。これが「豚本来」の味なんです。
食物連鎖の中で、人に育てられて食べられていく豚たち。でもそれを当たり前と思わずに豚に感謝の気持ちを持っているからこそ、出荷するその時まで一頭一頭を大事に動物らしく育ててあげたいのです。広大な自然の中で愛情豊かに育てられた豚たち。今日も元気に走ってます!

歩く豚たちの写真

↑上へ戻る