販売価格
1,200円(内税)
在庫数
8袋
購入数

レビュータイトル
  • natural ( 30代 ・ 女性 )
  • ID:206040
  • 投稿日:2017/04/02 12:06:47
使いやすくておいしい
乾燥しているので保存も効いて使い勝手が良かったです。味もとても歯ごたえが良くとても美味しくいただきました。

こちらの商品は、通常便orチルド(冷蔵)便or冷凍便、どちらの発送方法でも可能です。

※チルド(冷蔵)便、冷凍便での発送の場合、ラベルの紙の部分がふやけてしまう恐れがあります。

湯島のめかぶの粘り写真

ご飯の上のめかぶ

有明海に浮かぶ湯島の近海で、素潜りで収穫した「天然めかぶ」

 酸素ボンベ無しで数分間、海に潜って海産物を収穫して船に戻る…といった作業を繰り返して漁を行う「素潜り漁」。熊本県上天草市の大矢野島と長崎の島原半島のほぼ中間の有明海に浮かぶ離島「湯島」では、その素潜り漁で天然のわかめや海藻をはじめ、ウニ、サザエ、アワビなど新鮮な海の幸が沢山収穫されています。

 今回、販売させて頂くことになった「乾燥めかぶ」を収穫・加工して頂いたのは、古賀順子さん。代々素潜り漁を行われている湯島出身の旦那さまと結婚後、全くの未経験から素潜り漁を始められました。 めかぶは、わかめの根元部分で生殖細胞が集まった部分。収獲したわかめを、めかぶ部分と切り離します。 

古賀さんの後姿

ワカメを素潜りで収穫

 めかぶの収穫時期は、3月〜4月後半まで。期間中は、1日4時間ほど海に潜った後、乾燥などの加工作業を毎日行うというかなりのハードワークです。しかし、古賀さんご家族は「本当に美味しい物を食べてもらいたいからね」と何十年も素潜り漁を行い、湯島の新鮮な海産物を出荷されています。
 今やスーパーに行けば、養殖された様々な海産物が安価な値段で販売されています。しかし、やはり天然ものはひと味もふた味も違うもの。養殖物はロープに種を付けて人工的に栽培するので実も薄くひ弱な感じ…。一方、天然ものは流されない様に海底にしっかり根が張り、自ら成長する力が強い事から、葉も茎も肉厚で歯ごたえがあり、栄養価も高いと言われています。
 ちなみに順子さんはお嫁に来て、湯島のめかぶを食べ、あまりの美味しさにこれまで食べてきたもののとの違いに驚いたそうです。手間ひまかけて収穫・加工された天然めかぶ、ぜひご賞味ください。

低カロリーだけど、栄養いっぱい!

 めかぶはのネバネバは、アルギン酸やフコイダンと呼ばれる成分で、腸内環境を整えたり、糖分吸収を抑制、血中コレステロールの吸収を抑制、血圧の上昇を抑制、抗アレルギー効果があると云われています。
体に必要なミネラル「ヨウ素」を豊富に含んでいることをはじめ、骨を丈夫にするカルシウム、血圧降下作用があると言われるカリウムなど、栄養いっぱいの食物です。

<湯島産「天日干しめかぶ」の美味しい召し上がり方>
 適当な大きさに切り、水でサッと洗い熱湯で戻してください。ポン酢や醤油、ドレッシングなどで召し上がりください。

湯島の外観

湯島の猫

有明海のど真ん中にある小さな島「湯島」

 熊本市中心市街地より、南に向かって車で1時間ちょっとの場所にある上天草市の江樋戸港。その港から1日5便しか出航しない定期船に揺られること25分。有明海に浮かぶ周囲4劼痢崚鯏隋廚砲茲Δ笋到着します。
 湯島は、島原の乱で天草四郎などのリーダーたちが集まり、作戦を練ったことから「談合島」の別名がある島。また、近年では島民より猫の方が多いと言われることから「猫の島」と呼ばれ、全国の猫愛好家から注目を浴びています。
 60年前は2000人程の島民が生活していましたが、現在では360人にまで減少し、半数以上は高齢者。様々な面において衰退の一途を辿っていますが、かつては温暖な気候を活かしてサトウキビを栽培し、精製販売まで行っていたポテンシャルの高い島なのです。

名称:天日干し乾燥めかぶ
原材料:めかぶ(天然・湯島で水揚げ)
内容量:約100g
賞味期限:1年
保存方法:未開封時高温多湿や直射日光を避け、常温保存してください
製造者:古賀月子

↑上へ戻る