安心・安全な食材なら自然派きくち村へ!誰が、どこで、どのように作ったのか分かる、
無農薬・自然栽培、有機栽培のお米やお野菜、調味料、ごぼう茶などをお届けします。

販売価格
1,240円(内税)
在庫数
7袋
購入数

【メール便・発送商品】通常の送料より料金が安いのでお得です!

商品1袋をお選び下さい(上限1袋)。※他の商品との同梱はできません。
発送は「ゆうメール」のみ、 代金引換でのお支払いは不可となります。ご了承ください。


メール便でのお届けは、商品がお客様のポストに届きます。送料が安く済みますが、日時・時間帯のご指定はできません(商品到着までに1週間程度かかる事がございます)。また、配達の遅延や商品の紛失など、配達時のトラブルに対する補償はできかねますのでご了承ください。
籾付き玄黒茶の写真
籾付き玄黒茶の写真

黒焼きの歴史

 『黒焼き』とは動植物を土器の壺で原形をとどめたまま蒸焼にして黒く焼いたものです。黒焼きすることで、もとの物質とは全く異なった有用性のある物質が出来上がると言われています。現代でもみかんの黒焼きや、梅干しの黒焼きなど食養生として伝承されています。
この黒焼きの起源は中国大陸から日本に伝来した中国の本草史上最も充実した内容の薬学著作『本草綱目』(1606年)に辿り着きます。  江戸時代の本草学者・儒学者である貝原益軒が宝永五年(1708年)に『大和本草』を出して黒焼は知れわたり、追って『袖珍仙方』(1715年)『普救類方』(1729年)などの庶民向け医学書ともいうべき書物が世に出て農作物・薬草や毒草などの処方が民間に知られていきました。

玄黒茶の写真

 漢方薬や健康食品としての評価を得て、元禄(1688年〜1704年)・享保(1716年〜1735年)江戸・大坂で黒焼屋が繁盛しました。上方落語の中には「イモリの黒焼き」が惚れ薬として使われたと言うエピソードも出てきます。
 病気になっても大事をとって様子を見る位しかなかった時代、家庭でも身近な材料で作る事ができた黒焼きは頼りにされ重宝されたことでしょう。病中・病後の滋養・強壮や体質改善などを求める人々に受け入れられ、民間療法として普及しました。明治に入り保険制度の整備や医療機関の拡充していくにつれ、黒焼き屋の件数は減って行きました。貴重な技術を伝える黒焼き専門店や年配者は今は数える程度でしょう。

玄黒茶の写真

 ところが、最近になり黒焼き食品の価値が見直されています。食養生の分野では、中性食品の玄米を黒煎りにして陽性にしたものを飲用すると体を温め、体内の毒素の排出を助けると言われてきました。きくち村では無農薬の玄米を黒煎りした『玄黒茶』というお茶を作ってきましたが、そのノウハウを生かして籾付きの玄黒茶を作り上げました。
 南阿蘇の自然栽培家、高島和子さんが無施肥・無農薬で心を込めて育てたお米「イセヒカリ」を太陽の光で干し上げたお米を籾ごとじっくりと約10時間以上右回りに焙煎します。籾付き玄米の状態をその都度確認しながら籾の原型を残した黒焼きのお茶に仕上げました。


【籾付き玄黒茶】おいしい飲み方

 1リットルの水に、大匙1杯の籾付き玄黒茶を
  いれて、数分間煮出します。
◆長く煮出すほど濃くなっていきます。
:煮出したら、火を止めて蒸らします。
ぁР垢く召し上がるにはポットに入れ、
  冷たくして召し上がるには粗熱を取った後
  冷蔵庫で冷やしてください。
  ※2回ぐらいお茶を煮出すことができます。

籾付き玄黒茶


【籾付き玄黒茶とお狩場茶のブレンド茶】

 籾付き玄黒茶を大匙一杯弱と、お狩場茶を
  大匙二杯程度用意してブレンドします。
◆1リットルの水に、ブレンドしたお茶を入れ、
  数分間煮出します。
:煮出したら、火を止めて蒸らします。
ぁР垢く召し上がるにはポットに入れ、
  冷たくして召し上がるには粗熱を取った後
  冷蔵庫で冷やしてください。
玄黒茶の炭のような香りが和らぎ、風味にコクがでて美味しいブレンドです。

籾付き玄黒茶とお狩場茶のブレンド

高島和子さんの写真"

幻の米、奇跡の米、と言われる伊勢神宮の神田から生まれた「イセヒカリ」

 通常、新しいお米の品種は農業試験場で作られるのですが、このイセヒカリは伊勢神宮の神田で栽培されていたコシヒカリの圃場にて突然変異で誕生した新品種なのです。味のよさで人気のササニシキやコシヒカリは、稲の背が高く、倒伏するのが最大の欠点。 しかし、この新品種「イセヒカリ」は倒伏しにくいばかりか多収性、耐病性があり、味がコシヒカリ以上に評判が良いことから「理想的な品種」と農業の専門家を唸らせるといいます。
 自然の中から偶然そのような素晴らしい品種が誕生したことに、人智を超えるなにかの力が働いたのではないか…などとロマンを感じてしまいますね。

無施肥・無農薬の南阿蘇の田んぼで、高島さんが栽培されました
 この高島さんのイセヒカリは、高島さんの「玄米のままで食べてもらいたい」という意向により「玄米」のみの販売とさせていただきます。自然のままに育てられたこのお米、糠を取らずにぜひとも「ありのまま」で食べてみてください。
 高島さんをはじめ阿蘇で栽培されたお米は、近隣の生産者たちで共同管理しているライスセンターで乾燥・籾すりなどを行います。そこで自然栽培のお米は、複数台ある米乾燥機の中の一台を「無農薬米専用」とし、慣行栽培のお米とは絶対に混ざらないように徹底して管理されています。自然あふれる阿蘇の大地の中、循環する命と時間のエピソードが込められたお米なのです。

↑上へ戻る