安心・安全な食材なら自然派きくち村へ!誰が、どこで、どのように作ったのか分かる、
無農薬・自然栽培、有機栽培のお米やお野菜、調味料、ごぼう茶などをお届けします。

販売価格
980円(内税)
在庫数
在庫なし
購入数
-

在庫切れ

レビュータイトル
  • お野菜大好き ( 50代 ・ 女性 )
  • ID:233947
  • 投稿日:2017/10/03 14:25:35
小さめなもち麦
粒が小さめのもち麦です。たまにこういう小さめのもち麦も良いかと思い購入しました。安心して食べれるのが良いですね。
  • Leaf ( 30代 ・ 女性 )
  • ID:227242
  • 投稿日:2017/08/18 11:06:34
おいしいです
ぷちぷちした食感ですごくおいしいです。
また購入したいと思います!

こちらの商品は、通常便orチルド(冷蔵)便にてお送りします。

冷凍便の商品との同梱はできません。冷凍便商品を一緒にご注文の場合、2個口発送となります。)

原農場のもち麦01

原農場のもち麦02

食物繊維たっぷりのダイエット食

 もち麦とはビールの材料や麦茶、麦ごはんなどで使われている大麦の一種です。特にもち麦はきのこや酵母に含まれる粘りの強い食物繊維(βグルカン)が豊富です。βグルカンは、胃の中で脂質や糖質の消化吸収を抑えて血中コレステロールを下げる働きをしたり、胃腸の調子を整える事で便秘の解消になったり、腸の免疫力を高めて大腸ガンの予防につながるのではないかと期待されています。

また、最近では、白米よりも低カロリーで、噛み応えがあることで満腹感を感じれることからダイエットに効果的だと人気のようですね。

モチモチ、プチプチのもち麦

 同じ大麦でもうるち麦よりもち麦のほうがより多くのβグルカンを含んでおり、食感もモチモチ・プチプチしています。お米と一緒に洗って炊くと、食物繊維たっぷりのもち麦ご飯になります。白米の美味しさに栄養価も追加して食感も楽しめるのでおすすめです。

熊本県菊池市の原農場さんで、無化学肥料(自家製植物性堆肥)・無農薬栽培された健康的で高品質なもち麦です。

炊いたもち麦

「原農場」の生産地の菊池市七城町の写真

まだ見ぬ子どもたちのために。30年間無農薬栽培

菊池市七城町。西日本有数の米どころであるこの町で、30年間、無農薬でお米作りを行なっている農家があります。原誠一さんは、父から受け継いだ田んぼで息子さんと一緒にお米を作っています。農薬は30年前から一切使用しておらず、除草もジャンボタニシと手作業で行なっており、除草剤は全く使用しておりません。裏作で行なっている麦の栽培時に米ぬかなどの安全な植物性有機肥料を入れていますが、米には全く肥料を使用しておりません。
原さんがこのように徹底した安全なお米作りを始めたのはどのようなきっかけだったのでしょうか。それは「長女の誕生」でした。

稲穂そばに咲く彼岸花の写真

 30年前。元気に生まれてきた女の子を見て感動する原さん。しかし、ふとある疑問が脳裏をよぎりました。「この子は五体満足で元気に生まれてきてくれたが、この子が将来赤ちゃんを生む時、元気な赤ちゃんを授かることができるだろうか?」農薬問題は単に今生きている人たちだけの問題ではありません。いずれこの世に生を授かるであろう、まだ見ぬ子どもたちの事を考えると、もう農薬を使うわけにはいきませんでした。「今の世の中は農薬や化学物質で汚染されている食べ物ばっかりです。だからせめて毎日食べるお米だけは安心して食べられるものを作りたいんです」その想いは未来の子どもたちへ受け継がれていくことでしょう。

「原農場」の稲穂の写真

優れた環境が生物を呼び戻す。ホタルが舞う水田。

原さんの水田に勢いよく流れこむ水。でもどうやら川からの水ではなさそう。「うちの水田では地下38mから湧水を引っ張り上げて使ってるんですよ」菊池を取り囲む阿蘇外輪山が育んだ湧水。その湧水を贅沢にも米作りに使用しています。「5月になるとね、ホタルが舞うんですよ」。生活排水の一切入り込まない湧水の使用と、農薬や除草剤を一切使用しない米作り。水が綺麗な場所でしか生息できない蛍にとって、原さんの水田は居心地がいいようです。

原誠一さんの写真

商品データ

商品名 原農場のもち麦
生産者 原誠一
生産地 熊本県菊池市
品種 ダイシモチ
農法 有機栽培
無農薬歴 30年

↑上へ戻る