安心・安全な食材なら自然派きくち村へ!誰が、どこで、どのように作ったのか分かる、
無農薬・自然栽培、有機栽培のお米やお野菜、調味料、ごぼう茶などをお届けします。

販売価格
1,200円(内税)
在庫数
27袋
購入数

こちらの商品は、通常便orチルド(冷蔵)便にてお送りします。

冷凍便の商品との同梱はできません。冷凍便商品を一緒にご注文の場合、2個口発送となります。)

まいたけ
まいたけ料理の写真

香りがギュッとつまった菌床まいたけ

 保存も効いて、香りや旨みがギュッと凝縮した乾燥椎茸ならぬ乾燥まいたけ。料理もしやすく、主婦にとってありがたい一品です。
 ぜひぜひ使っていただきたいのが炊き込みご飯。炊き込む際にそのまま投入するだけ。とっても香り高い仕上がりです。 味噌汁にも具材を茹でる際に乾燥したまま投入できてとっても便利。また、意外なんですが、炒め物もオススメ。 水で5分ほどもどした後、水気を絞ってサッと炒めれば、歯ごたえも良い風味豊かなマイタケが堪能できます。

まいたけ栽培中

洗わずそのまま使えるわけ

 九州で菌床まいたけを生産しているのは2ヶ所のみ。その中の一つである南小国町で作られた菌床まいたけを、保存がきいて、すぐ食べられる乾燥まいたけに仕上げました。

 南小国町で原木椎茸の生産者から分けていただいた、ほだ木をチップ状にし、ふすまとおからを栄養分として菌床を作ります。 これを120℃の熱で3時間ほど滅菌し、種を打ち込み、20〜23℃の室温、60〜70%の湿度に設定された暗い部屋で40〜60日かけて培養します。 その後、更に加湿した明るい部屋で1週間から10日かけて発生させます。一度使用した菌床は、菌床として再利用はせず、カブトムシのエサや畑などの肥料として必要な方々にあげているそうです。というのも、洗わずにそのまま食べられる清潔なマイタケを作りたいというこだわりがあるからこそ。 お料理をするお母さんの立場にたった考え方で栽培されているのです。

発生室のようす

商品データ

 
名称 乾燥まいたけ
生産地 熊本県阿蘇群南小国町
農法 農薬不使用・菌床栽培
菌床 くぬぎ、ふすま、おから(熊本県産)

↑上へ戻る