安心・安全な食材なら自然派きくち村へ!誰が、どこで、どのように作ったのか分かる、
無農薬・自然栽培、有機栽培のお米やお野菜、調味料、ごぼう茶などをお届けします。

販売価格
800円(内税)
在庫数
在庫なし
購入数
-
発送方法

在庫切れ

こちらの商品は、冷凍便にてお送りします。

通常便チルド便(冷蔵)の商品との同梱はできません。
通常便、チルド便商品を一緒にご注文の場合、2個口発送となります。)

角煮と菊池川

走る豚のほろほろ角煮

 忙しい現代のお母様方の味方であり続けたいきくち村は、安心できる食材で作られたお惣菜をご提供したいと常日頃から思っておりました。そしてついに、本物のアレ研究所が立ち上がり、やまあい村の走る豚を使用した、みんな大好き「豚の角煮」が完成を遂げました!

ほろほろっと口の中でほどけていく肉質。ほどよく効いた生姜とにんにくの風味が食欲をそそり、ご飯が何杯でもいけちゃいます。疲れたときでもサッと出せる絶品一品。普段の食卓にいかがでしょうか。

【召し上がり方】沸騰したお湯で8〜10分湯せんし、温めて召し上がりください。

「走る豚」と戯れる武藤さん

ノンストレスの環境!豚同士も仲良し

気持ちのいい風の吹く広々とした運動場

大自然の中で走って、食べて、休む豚。

 「ブヒーッッ!!」土埃をあげながら、もの凄い勢いで走り回る豚たち。菊池市の山中にある「やまあい村」では、3500坪もの広大な土地で100頭ほどの豚の放牧飼育を行なっています。狭い豚舎で飼育されているイメージとは180度違い、ここの豚はまさに"野生"。クヌギ林の間をところ狭しと走りまわり、疲れたら土の窪みで休憩し、そして再び走りまわります。走る速度はなんと時速30km!意外に速いんです。
 元々この場所は国が産業廃棄物の処分場を作る予定でした。しかし「菊池の大切な自然の山を破壊するなんて以ての外」と、武藤計臣さんが仲間と共に反対運動を起こし、その後この土地を買い取って「やまあい村」を作りました。

走り回る豚たちの写真

 かつて日本テレビで放送されていた料理バラエティ番組「どっちの料理ショー」で紹介され、大変な反響をよんだ「走る豚」。その走る豚の特徴はその味わい豊かな肉質。運動させずに育てた豚と違い、走りまわって育つ豚の肉は余計な脂肪分が減り、適度な歯ごたえとやわらかさがあります。また豚肉特有の肉の臭みが少なく、食べた時に五感で感じる味わいが違います。これが「豚本来」の味なんです。
 食物連鎖の中で、人に育てられて食べられていく豚たち。でもそれを当たり前と思わずに豚に感謝の気持ちを持っているからこそ、出荷するその時まで一頭一頭を大事に動物らしく育ててあげたいのです。広大な自然の中で愛情豊かに育てられた豚たち。今日も元気に走ってます!

武藤さんと豚たちは仲良し

名称:豚の角煮
原材料名:豚肉、玉ねぎ、にんにく、しょうが、唐辛子、ローリエ、しょうゆ、有機みりん、塩、ホワイトペッパー、ナツメグ
内容量:約100g
保存方法:−18℃以下にて保存。解凍後はお早めにお召し上がりください
賞味期限:1か月
製造者:(有)渡辺商店

栄養成分表示:(100gあたり)※表示値は目安となります。
エネルギー:253kcal
タンパク質:17.1g
脂質:19.2g
炭水化物:0.1g
食塩相当量:0.1g

↑上へ戻る