安心・安全な食材なら自然派きくち村へ!誰が、どこで、どのように作ったのか分かる、
無農薬・自然栽培、有機栽培のお米やお野菜、調味料、ごぼう茶などをお届けします。

販売価格
660円(内税)
在庫数
在庫なし
購入数
-

在庫切れ

こちらの商品は、通常便orチルド(冷蔵)便にてお送りします。

冷凍便の商品との同梱はできません。冷凍便商品を一緒にご注文の場合、2個口発送となります。)

黒豆畑

冨田親由さんが作る自然栽培の「黒豆」

菊池市七城町の自然栽培農家の冨田親由さん。菊池市の環境保全型農業技術研究会の会員として様々な農家の方々と交流を持ち、栽培技術を研究されています。いち早く七城の田圃のお米を放射能検査を実施したり(1Bq/kg限界不検出でした)、ドキュメンタリー映画『モンサントの不自然な食べ物』を鑑賞後、自然農法農家として在来種をどのように守っていくべきかと、遺伝子組み換え技術に関する勉強中です。
冨田さんの作る黒豆は丹波の黒豆の種を譲ってもらったもので、今年で自然栽培4年になります。同じ黒豆である黒千石大豆などに比べると粒が大きいのも特徴です。

青空と冨田さん

黒豆アップ

黒い皮はアントシアニンが豊富に含まれています

黒豆はアントシアニンという色素の成分が表皮に多く含まれているため、黒い種皮になっています。 アントシアニンとはポリフェノールの一種で老化の原因である活性酸素の活動を抑える作用のある成分です。黒豆に含まれているアントシアニンは他のアントシアニンより抗酸化作用が強いため、美容やダイエットなどに効果があると言われています。更に黒豆は大豆の仲間であるため大豆と同じようにイソフラボンを含み高タンパク低カロリーな食材です。

黒豆料理

黒豆といえばやっぱり煮豆!

黒豆の定番料理といえばやっぱり煮豆ですね。特にお正月の時期には欠かせない料理です。
黒豆の煮物には「まめ」に健康、丈夫という意味があり「元気に働けるように」という願いが込められています。また、しわのある黒豆の煮物には「長生きをするように」という「長寿」の願いが込められているともいわれています。戻し方は黒豆の重さに対して約6倍の水で6〜9時間を目安にしっかりと浸して下さい。キレイに仕上げるコツは黒豆をやさしく洗うことと、ゆっくり弱火でコトコト煮ると良いですよ。 しわのない煮豆を作りたいときは豆が煮汁から出ないように水を加えるとつやつやに仕上がります。

冨田親由さんの写真

商品データ

商品名 冨田さんの黒豆
生産者 冨田親由
生産地 熊本県菊池市
農法 自然栽培
自然栽培歴 4年

↑上へ戻る