安心・安全な食材なら自然派きくち村へ!誰が、どこで、どのように作ったのか分かる、
無農薬・自然栽培、有機栽培のお米やお野菜、調味料、ごぼう茶などをお届けします。

販売価格
980円(内税)
在庫数
61
購入数

こちらの商品は、冷凍便にてお送りします。

通常便チルド便(冷蔵)の商品との同梱はできません。
通常便、チルド便商品を一緒にご注文の場合、2個口発送となります。)

ざるそば1

かけそば1

風味とコシが違う!手打ち自然栽培十割そば

 「何から何まで自然由来…。そんなそばって食べた事ない。世の中広しと言えど、そんなこだわりのそばはそうは無い。しかもやるなら全部にこだわりたい。そばの実は自然栽培で育てたもの。そのそばの実は石臼挽きでそば粉になり、そのそば粉を使った蕎麦はもちろん十割で手打ち。そこまできたら、めんつゆだって自然由来のものでいただきたい。。。」そんな私達のある日の妄想が今、現実に。しっかりしたコシと風味豊かなめんは、自然栽培そば粉を職人さんに託し、丁寧に丁寧に手打ちしてもらったこだわりめん。めんつゆは原材料の全てを自然由来のもので作った無添加の極上つゆ。余計な味付けは一切しないシンプルな味。めんが風味豊かなだけに、邪魔する事なくよく合うのです。きくち村の粋な自信作、ぜひ一度ご賞味あれ。

ざるそば1

やごあん2

やごあん3

やごあん4

やごあん5

知る人ぞ知るそばの名店、矢護庵(やごあん)

 熊本県は大津町、矢護川のほとりに隠れたそばの名店がある。小鳥のさえずりとそよ風が心地いいこの場所は、周りを大自然に囲まれ、そばを味わうにはこれ以上ないような所。築100年を超えようかという建物と壁に貼られた古いポスターは、古き良き昭和の世界の匂いを漂わせている。ここ矢護庵にてそば職人入口さんの手によって打ちだされるそばは、その一本一本に魂が宿る。季節や気温、湿度によって水とそば粉の配合の割合を調整するという。ここまでのこだわりこそが正真正銘のホンモノを生み出す。

やごあんインテリア

蕎麦米

自然栽培の蕎麦の実を生み出すオーガニックファーマー

 「ナチュラル・ボーン・オーガニックファーマー」。思わず頭に浮かんでしまったのは、そんな規格外な言葉。でもそんな言葉さえもあながち的外れでは無いだろうと、考えれば考えるほどに思えてしまう生産者、それが上野升久(うえののりひさ)さんそのひと。ほとんど農業経験が無く、驚くことにまったくゼロからの自然栽培スタートだったと言う。「いろいろな仕事を経験した後で、最終的には“自分で何かを産み出す仕事がしたい”と強く感じたんです」父親は慣行農業をされていたそうで、上野さんが自然栽培の道を選ぶ際、やはりお互いの強い確執があった様子。でも上野さんは諦めず、父の引退を期に自然農法を始めることになる。  

上野さんの横顔

 「でもまぁようやくここ最近ですよ、だんだん納得のいくものが作れるかな、と感じ始めたのは」と、人懐っこくて力ある笑顔で熱く語るその姿。雨あり風あり晴れありの気まぐれな大地そのものを、ありのまま受け止めることができる大きな包容力のようなもの。どうもこのひとにはそれがナチュラルに備わっているような気がしてならない。

全て自然由来の原材料、極めんつゆ

 めんつゆに使われる材料は全て自然由来のもの。無添加の粗削りのかつお節と長崎県の天日干し島原こんぶでじっくりだしをとり、愛知県産の有機みりん、無農薬で栽培された大豆を用いた熊本県産の醤油、そして、モンゴル産の天然塩、天日湖塩で味を調整。素材にこだわり抜いた安心・安全の体にやさしいめんつゆなのです。

かつおとこんぶ

つゆの材料

【めんつゆの薄め方】
冷たいざるそばはそのまま、暖かいかけそばで召し上がる場合は2倍(水1:めんつゆ1)を目安に薄めてお召し上がり下さい。

【めんの茹で方】

まず、水がたっぷり入るなるべく大きい鍋を用意します。鍋に水を入れ、沸騰するまで温めます。

作り方1



十分沸騰したら、麺を解凍せず冷凍のまま入れます。※暖かいかけそばでいただく場合は、あらかじめめんつゆを薄めて温めておきます。

作り方2



麺をやさしくほぐしながら(お湯の中で麺が泳ぐ状態)、約1分ほど茹でます。(沸き上がったら少量の差し水をします)

作り方3



茹で上がった麺は手早くざるに取り上げて水洗いし、冷水で冷やします。(氷水でしめると一層コシが出ます)

作り方4



よく水切りをし、水切れのよい器に盛ってざるそばに、またはどんぶりに取り上げ、暖かいつゆを加えかけそばでお召し上がりください。

作り方5



品名:そば
原材料名:【麺】そば 【つゆ】みりん、醤油、かつお節、昆布、塩
内容量:【麺】150g 【つゆ】150g
保存方法:要冷凍(-18℃以下)
販売者:有限会社渡辺商店 
熊本県菊池市隈府58-3 電話0968-25-2306

↑上へ戻る