安心・安全な食材なら自然派きくち村へ!誰が、どこで、どのように作ったのか分かる、
無農薬・自然栽培、有機栽培のお米やお野菜、調味料、ごぼう茶などをお届けします。

販売価格
1,200円(内税)
在庫数
在庫なし
購入数
-

在庫切れ

こちらの商品は、通常便orチルド(冷蔵)便にてお送りします。

冷凍便の商品との同梱はできません。冷凍便商品を一緒にご注文の場合、2個口発送となります。)

追熟してからお召し上がりください


お届けしたバナナが、まだ青々とした状態でしたら「追熟」をお願いします。あらかじめご用意いただいたリンゴと共にバナナを密閉して3〜5日(温度は15〜20度が望ましいです。冷蔵庫は厳禁です)。全体が黄色くなり、シュガースポットと呼ばれる黒い斑点が出て来て、バナナを指で押すと押した後が付くくらいのやわらかさになったら食べ頃です。また、未成熟の状態(青い状態)でお料理に使ってもGOOD!

玉城バナナ1

玉城バナナ2

かなり貴重な国産自然栽培バナナ。甘みと酸味のバランスが絶妙!

 バナナといえば、一年中スーパーなんかで見かけるお手頃な果物ですよね。ただ、これはほとんどの場合輸入もの。流通しているバナナのほぼ全て(99.9%)は外国産のもので、国産のバナナはたいへん貴重。その中でも自然栽培の国産バナナともなれば、それこそ幻に限りなく近いレアものなのです。今回販売する玉城さんのバナナは黄輝(こうき)バナナという品種で、別名ブラジル島バナナとも呼ばれています。ブラジル原産の品種で甘さだけでなく、爽やかな酸味があるのが特徴。また、甘味と酸味のバランスがよく、ハワイのアップルバナナとも大変近い品種(同品種とも)だとされています。
 バナナの食べごろは全体的に色が黄色くなり、シュガースポットと言われる黒い斑点がポツポツと出てくる頃です。更に熟成が進むとより柔らかくなり、甘みも増していきます。あまり茶色くなりすぎると柔らかくなりすぎてベチャッと感がでますので、食べるタイミングはお好みで調整してみてください。
 そして、生産者の玉城さんオススメの食べ方がこれ。まず、食べごろになるまで追熟させます。バナナの皮をむき、串などに刺してラップに包み冷凍庫へ。串はお箸などでも代用OK。なくても大丈夫です。程よく凍らせたらできあがり。そのまんまバナナアイスの完成です!一度に食べきれないときや、この暑い夏時期には特にオススメの食べ方です。

バナナサイズ

 黄輝バナナはよく目にする海外産のバナナに比べるとやや小ぶりですが、肉厚でふっくらしています。モンキーバナナや島バナナほど小さくもなく、皮が薄いのも特徴です。一般的なバナナは1年中旬ですが、黄輝バナナは冬には実が痩せてしまいます。ですから春、夏、秋が食べごろなんですね!

玉城さん

南国で自然農業を営む島人、玉城さん

 沖縄県はやや南部の沖縄市。広大な海を望む高台に玉城さんのバナナ園はあります。もともと流通の仕事をしていた玉城さんは数年前、一念発起、農薬や化学肥料を使わない自然に近い形での農業をスタートさせました。流通に携わる中で、生産者の方やこの島に移住されて来た方々などと関わるうちに、「自分もなにか社会に貢献できる事がしたい」という思いからの行動でした。
 初めは無農薬・無化学肥料栽培でのスタートでしたが、約2年が過ぎた頃から有機肥料さえも使わない自然栽培に切り替えます。無農薬・無化学肥料栽培とは言葉で言うと簡単ですが、やるとなると相当の覚悟と努力が必要です。なんせ農薬を使わないのですから、タチの悪い害虫がつくとアウト。その年の収入がゼロになることだってありえます。上手くいったとしても当然、慣行農法に比べると収穫量も少なく不安定なのです。自然栽培ならなおさら。玉城さんも最初はなかなか上手くいかず、だいぶ苦労されたそうです。それでもこの自然栽培を敢行し続ける理由、それは食への紛れもないこだわりと、社会貢献の信念が生み出す「情熱」に他ならないように思えます。

玉城バナナ3

サンセット

商品データ

商品名 玉城さんの自然栽培バナナ
生産者 玉城勉
生産地 沖縄県沖縄市
品種 黄輝バナナ
農法 自然栽培
無農薬・無化学肥料栽培歴 6年
自然栽培歴 4年

↑上へ戻る