安心・安全な食材なら自然派きくち村へ!誰が、どこで、どのように作ったのか分かる、
無農薬・自然栽培、有機栽培のお米やお野菜、調味料、ごぼう茶などをお届けします。

販売価格
600円(内税)
在庫数
24
購入数

こちらの商品は、通常便orチルド(冷蔵)便にてお送りします。

冷凍便の商品との同梱はできません。冷凍便商品を一緒にご注文の場合、2個口発送となります。

漬物や和え物、煮物からサラダまで何にでも活用できる万能野菜

東南アジアが原産の冬瓜(トウガン)は、日本でも古くから栽培されてきました。冬の瓜と書きますが、実はれっきとした夏野菜。貯蔵性が高く、夏に収穫したものが冬までもつという意味から名付けられたそう。旬は6月〜9月くらいで、保存がきく事から冬も流通しますがやや味が薄味になります。ですので冬瓜を美味しく食べるなら夏〜秋口がベストでしょう。漬物や和え物、煮物からサラダまで何にでも活用できる万能野菜。この自然栽培の冬瓜、まさに今が旬です。

自分で何かを産み出す仕事がしたい

 「ナチュラル・ボーン・オーガニックファーマー」。思わず頭に浮かんでしまったのは、そんな規格外な言葉。でもそんな言葉さえもあながち的外れでは無いだろうと、考えれば考えるほどに思えてしまう生産者、それが上野升久(うえののりひさ)さんそのひとなのです。上野さんは自然栽培は2011年から。ほとんど農業経験が無く、驚くことにまったくゼロからの自然栽培スタートだったといいます。「建設業、トラックの運転手、旅館の従業員・・・これまでにそれこそいろんなところで働きました。でもいろいろな仕事を経験した後で、最終的には“自分で何かを産み出す仕事がしたい”と強く感じたんです」父親は慣行農業をされていたそうで、上野さんが自然栽培の道を選ぶ際、やはりお互いの強い確執があった様子。でも上野さんは諦めず、父の引退を期に自然農法を始めることになります。


野菜栽培マニア??育てる野菜は実に30種以上

 ごぼう、じゃがいも、里芋、山芋、にんじん、らっきょう、玉ねぎ、茄子、ピーマン、パプリカ、葉もの、落花生などなど、上野さんが自然栽培で育てる野菜の種類はこれまでに30種以上にものぼります。主に熊本県の中部にある菊陽町の畑で栽培。
 「確かに多品目育てていますが、ひとまず利益云々というよりかは、どちらかというとこの土地に合う野菜をいろいろ育てて試している感じなんです。まだまだいろんな可能性があるような気がしているんですよ。・・・ところで、何かおもしろい野菜、知りませんか(笑)? 僕が育ててみますよ」あくまで効率の世界とは程遠い、思わず気の遠くなるような自然栽培という一年一年の諸行。でも上野さんが醸し出す、緩やかながらもしっかりとした足取りとそのおおらかなるフィーリングは、このオーガニックファームの世界における、はっきりとしたネクストレベルを感じさせてくれます。

上野升久
生産者 上野升久さん
上野さんの冬瓜
商品名 冬瓜
生産者 上野升久
生産地 熊本県菊陽町
農法 自然栽培
自然栽培歴 4年

↑上へ戻る