安心・安全な食材なら自然派きくち村へ!誰が、どこで、どのように作ったのか分かる、
無農薬・自然栽培、有機栽培のお米やお野菜、調味料、ごぼう茶などをお届けします。

販売価格
4,000円(内税)
在庫数
22袋
購入数
精米歩合

レビュータイトル
  • 桃が食べたい ( 30代 ・ 女性 )
  • ID:190990
  • 投稿日:2017/01/03 15:53:48
おいしいです
  • okomegasuki ( 50代 ・ 女性 )
  • ID:130380
  • 投稿日:2015/11/04 00:14:28
おいしいです
安心で安全なお米に感謝です。美味しいです。
  • turbo ( 50代 ・ 女性 )
  • ID:115639
  • 投稿日:2015/07/04 22:53:46
甘くておいしいです。
5分付きに精米しておにぎりにしていますが、冷めても、とてもおいしいお米です。梅干しを入れて、青ジソを巻いてお弁当入れていますが、家族もよろこんで食べてくれます。
  • リゾーム ( 60代以上 ・ 女性 )
  • ID:44951
  • 投稿日:2013/12/05 17:53:47
甘味とうまみのハーモニーのあるお米
また、とても美味しいお米を発見しました! 今回は玄米をオーダーして頂きました。とても甘味とうまみのハーモニーが素晴らしい玄米ご飯が炊けました。増永先生、ごちそうになっています! 美味しくておかわりばかりしてしまいます。絶対また、リピートしたいです。次回は玄米ではなく3分か5分精米にしようか、やはりまた玄米にしようかと贅沢に悩んでいます。
  • なお ( 30代 ・ 女性 )
  • ID:22422
  • 投稿日:2013/02/12 21:44:58
すぐに買いました
九州産の自然栽培米はうれしいです。玄米で食べるので特に安全性にはこだわりたいです。リーズナブルで助かります。これからもよろしくお願いします。

こちらの商品は、通常便orチルド(冷蔵)便にてお送りします。

冷凍便の商品との同梱はできません。冷凍便商品を一緒にご注文の場合、2個口発送となります。)

輝く稲穂と増永さん

最新のコンバインで稲刈り中

増永さんの稲穂

元高校教師が作る、「天下一の米」

 熊本県菊池市七城町。この町で作られるお米「七城米」は、料理新聞社主催の米の食味会において2度の全国1位を獲得、また、日本穀物検定協会食味ランキングで『特A』を4度受賞するなど、県内外より非常に高い評価を受けております。その歴史は江戸時代にまで遡ることができ、当時は「天下一の米」と称され、皇室や将軍に献上されていたと言います。
 元高校教師である増永光俊さんは、そんな歴史ある「七城米」を無農薬・無肥料で栽培しています。ーなぜ無農薬でお米を作ろうと思ったんですか。その問いに増永さんは「たいしたコメントはできないけれど」と笑いながら、こう答えてくれました。

田圃を眺める増永さんの後ろ姿写真

 「最初は単純に“手が回らなかった”からです」広大な田圃に農薬を撒く作業は大変な重労働。それを年に数回も行わなければなりません。「それで無農薬栽培を勉強しようと、原さん(原農場の米の生産者)のところに行って話を聞いたんです」そこで増永さんは、原さんの安全な米作りに対する方法や知識、そして情熱や哲学に衝撃を受けます。「より農業に対する気持ちが高まった」それから農薬と化学肥料を一切やめ、有機栽培を始めた増永さん。そして今では肥料の使用もやめ、完全な自然栽培でお米を作っています。
 農薬や化学肥料など無かった時代に「天下第一の米」と称された七城米。その魂はこの現代においても失われていないようです。

砂田米の稲穂の写真

自然栽培歴が長い田圃で作った「砂田米」

 こちらの商品は「砂田米」の生産者の増永さんが自然栽培歴12年目の田圃で作ったお米です。最初、無農薬・無化学肥料の「有機栽培」でお米を作っていた一部の田圃を無農薬・無肥料の「自然栽培」へと切り替えました。無農薬歴は14年の田圃で育てた自然栽培12年目の「砂田米」です。

砂田地区の特徴である、砂を多く含む土の写真

増永さん農薬検出検査001

増永さん農薬検出検査002

増永さん農薬検出検査003

増永光俊さんの写真

商品データ

商品名 砂田米
生産者 増永光俊
生産地 熊本県菊池市
品種 自家採種・未検査米
(種子購入時:ヒノヒカリ)
農法 自然栽培
自然栽培歴 12年目
無農薬歴 14年
  • 真空パックサービスのお知らせ

↑上へ戻る