販売価格
3,400円(内税)
在庫数
19袋
購入数
精米歩合

レビュータイトル
  • にゃお ( 未記入 ・ 女性 )
  • ID:27430
  • 投稿日:2013/04/29 21:23:09
とがずに…
精米したての7分づきなので、糠を洗わなくても酸化していないから大丈夫かしらと閃いて、九州のミネラルウォーターをお米はとがずに炊飯器にトプトプ注いでそれで早炊きなんてしています。そんなことをしてもすっきりした味わい。匂いも透き通ってる感じだし、雑味が無いんですよね。ありがたいです。

こちらの商品は、通常便orチルド(冷蔵)便にてお送りします。

冷凍便の商品との同梱はできません。冷凍便商品を一緒にご注文の場合、2個口発送となります。)

北野さん圃場

北野さん稲穂

北野さんもみ

可能性は未知数、自然栽培への挑戦

 「きれいな米が取れた!」と満面の笑みでお米の納品に来られた北野繁雄さん。今年から有機肥料さえも抜いた無肥料・無農薬の自然栽培に切り替えられました。自然溢れる熊本県菊池市の中心部より車で走ることおよそ10分。名勝・菊池渓谷を源流とする菊池川の程近くに北野繁雄さんの田圃があります。
 北野さんはこの田圃で10年以上無農薬でお米を栽培しており、さらに農薬を使用しないだけでなく、肥料も主に植物性の原料を使用した、無化学の自然堆肥を使用していました。田圃の除草にも除草剤は一切使用せず、ジャンボタニシを除草として利用。お米を食べてくれる方々の要望にさらに応える為、自然栽培に挑戦しました。

北野さんコンバイン

除草や殺虫にも「自然の摂理」を。ジャンボタニシや益虫を利用した稲作

 「ほら、そこに蜘蛛が巣を張ってるでしょ。」北野さんの水田で元気に育つ稲穂と稲穂の間に、小さな蜘蛛が巣を張っていました。「蜘蛛は巣を張って害虫を駆除してくれる。けど農薬を使ったらその蜘蛛も田圃からいなくなってしまう。」稲作は自然との共存であるから、農薬は一切使用しない。ジャンボタニシを除草に利用しているのも同様の理由からです。
 田圃を代かきすると土深く冬眠していたジャンボタニシが目を覚まします。タニシの現れた水田の水面管理を絶妙に行うことで、タニシは稲を食べずに雑草のみを食べてくれます。虫が虫や雑草を食べる。この「当たり前」の自然の摂理を稲作に取り入れ、非常に大変な手間をかけながら、北野さんの作る「安全で美味しいお米」はすくすくと育ち、やがて皆さまのご家庭に届けられていきます。

生産地

北野さんの写真

商品データ

生産者 北野繁雄
生産地 熊本県菊池市
品種 未検査米・自家採取
(種子購入:ヒノヒカリ)
農法 自然栽培
自然栽培歴 2年目
無農薬歴 13年
放射能測定01
放射能測定02
  • 真空パックサービスのお知らせ

↑上へ戻る