安心・安全な食材なら自然派きくち村へ!誰が、どこで、どのように作ったのか分かる、
無農薬・自然栽培、有機栽培のお米やお野菜、調味料、ごぼう茶などをお届けします。

販売価格
2,660円(内税)
在庫数
残り 5 個です
購入数

レビュータイトル
  • さとみに ( 30代 ・ 女性 )
  • ID:218396
  • 投稿日:2017/06/20 09:49:53
濃厚!
2人で食べるには量が多いかな?と思いながらも美味しくてあっというまに食べてしまいました。濃厚で美味いチーズです^ - ^
  • りー ( 30代 ・ 女性 )
  • ID:208889
  • 投稿日:2017/04/19 22:45:01
クリスマス用に購入して、カマンベールチーズフライにしていただきました。
残りは野菜やチキンと一緒にオーブン焼きにしていただきました。
今までで1番美味しいカマンベールチーズでした。
  • TO ( 40代 ・ 女性 )
  • ID:199535
  • 投稿日:2017/02/25 23:38:49
このチーズはとてもクセが強くて、本格的な大人向けのチーズでした。市販のカマンベールよりピリリとした苦みがあり、ワインにはあうとおもいます。

こちらの商品は、冷蔵便にてお送りします。

通常便冷凍便の商品との同梱はできません。
通常便、冷凍便商品を一緒にご注文の場合、2個口発送となります。

カマンベール

ジャージーカマンベール

  世界的に有名な「カマンベール」ですが、玉名牧場のカマンベールはフランスの伝統的な製法に基づいて作っています。濃厚なミルクと白カビの風味が重なり、熟成とともに深みのある味わいへ変化していきます。ワインのお供に、お料理に。加熱するとトロ〜っと溶けます。

熊本県の玉名牧場

玉名牧場のジャージー牛

ジャージーミルク

熊本の玉名で、山地酪農を営む「玉名牧場」。

  「玉名牧場」があるのは、熊本県玉名市の三ツ川という地域。牧場主の矢野さんは、標高約200mの山頂を開拓し玉名牧場を作りました。
始まりは、自給農園とジャージー牛2頭からだったそうです。現在15haの敷地では、約30頭のジャージー牛と、約300羽のニワトリを通年放牧しています。 "自然の営み"をお手本にした自給自足から、自然農法による米や野菜の栽培、養鶏・酪農、 さらにはチーズの製造・販売や、ホエー(乳製品を製造時の残りの水分で栄養価が高く、「乳清」とも呼ばれます。)の有効利用を目的とした養豚を行うようになりました。
  有明海を望む小高い山に位置する牧場は、自然の魅力に溢れ、農場見学やランチ提供などに多くの玉名牧場ファンが訪れています。

熊本県玉名市

  優しい目をした牛達は山の上にある放牧場で生の青草のみを食べ太陽を浴び寝そべり、山を歩きまわり元気に暮らしています。矢野さんは、「理想は牛一頭に対し1ヘクタールが必要!」と言いますが、現在の牧場は15haに対し三十頭の牛を飼っている為、イタリアン(一年草)と芝型の牧草(多年草)の二種を植えて賄っています。
  芝型の牧草は、食べられても再び茂り牛達を養います。冬場、芝型の牧草が少ない時期には、別の敷地で栽培したイタリアンを刈り取って与えるなどの工夫をしています。これは玉名の気候だからできる酪農なのです。本来の食物である、青草を食べて暮らす牛達から搾った牛乳は、乳脂肪5%以上と濃厚でコクがありながらキレのよい後味です。

矢野さん家のジャージー牛

牧場の自然を味わう、玉名牧場の乳製品。

  矢野さんは牧草を食べた牛のミルクのおいしさをたくさんの人に知ってもらいたいとチーズやバターの製造に取り組みはじめ、工場ができたのが、2006年のことだそう。チーズづくりを学ぶために東北・北海道に何度も足を運び、「玉名牧場」のジャージー牛の乳質に合うつくり方を模索しました。そうしてできた製品のひとつ「ルミエール」が2011年に、くまもと食品科学研究会大賞で最優秀賞を受賞しました。
  「牧草の恵み(カマンベールタイプ)」「フロマージュブラン」「クリームチーズ」「モッツァレラチーズ」とともに、自家製チーズは、玉名牧場の主軸の製品となっています。生乳から作ることができるチーズの歩留まりは、なんと生乳の15〜18%。大変希少な逸品です。

矢野さん家のジャージーミルク

玉名牧場のカマンベール
品名:カマンベール(ナチュラルチーズ)
内容量:一個(約250g)
原材料名:ジャージー牛乳・塩
(オーストラリア産・デボラ湖の自然塩)
賞味期限:開封前/約1ヶ月
開封後/約1ヶ月
製造元:玉名牧場
熊本県玉名市三ツ川1024-2

発送スケジュール

※玉名牧場のチーズは、木曜日のみ週1回の発送となります。
(発送日の3日前までの予約受付になります)

玉名牧場の美味しい牛乳

↑上へ戻る