安心・安全な食材なら自然派きくち村へ!誰が、どこで、どのように作ったのか分かる、
無農薬・自然栽培、有機栽培のお米やお野菜、調味料、ごぼう茶などをお届けします。

販売価格
3,400円(内税)
在庫数
24袋
購入数
精米歩合

レビュータイトル
  • ゆり ( 30代 ・ 女性 )
  • ID:194957
  • 投稿日:2017/01/27 15:32:47
美味しいです
合鴨農法は以前から気になっていました。
お米自体に甘みがあり美味しいです。
ただ炊飯器の問題か、気持ちお水を多めにして炊かないと硬かったです。
でも子供が3人、アレルギー持ちもいるので農薬なし、合鴨農法で自然栽培、安心して食べられるお米は本当に有難いです!

こちらの商品は、通常便orチルド(冷蔵)便にてお送りします。

冷凍便の商品との同梱はできません。冷凍便商品を一緒にご注文の場合、2個口発送となります。)

稲と稲の間を泳ぐ合鴨

  • 村上活芳さん
  • 高台より菊池市を見下ろす場所にある田圃

アイガモと共に作る、無農薬栽培米。

 「おーい、餌だよー」そう言いながら餌の入ったバケツを杓子で叩くと、あっと言う間にアイガモたちが集まってきました。
 菊池市袈裟尾。ここでアイガモを利用して無農薬米を作る「合鴨農法」を行っている村上活芳さん。「袈裟尾の合鴨」の生産者です。雑食性のアイガモは、雑草を食べるだけでなくウンカなどの害虫も食べてくれます。しかし雑草と虫だけではアイガモたちのお腹が満たされないようで、別に餌を与えないと餓死してしまうこともあるようです。「餌はなにかって?昨年ここの田んぼで採れた無農薬米の米ぬかやくず米だよ」と村上さん。去年収穫された無農薬栽培で安心な「袈裟尾の米」を食べている、ちょっと贅沢なアイガモたちです。

餌を食べているアイガモたち

 アイガモの効果は除草や害虫駆除にとどまりません。アイガモがところ狭しと田圃中をバシャバシャと泳ぎ水面がかき回されることによって、水田内に酸素を補給され、稲の根っこが刺激されます。これにより稲穂の成長を促進する効果があるそうです。さらにアイガモの糞は大事な肥料になります。ここのアイガモたちの餌は無農薬米ですので、牛糞や豚糞などと違って抗生物質などは入っていません。「安全で安心」な天然の有機肥料、と言うわけです。
 「健康で強い稲を作りたい」と語る村上さん。そのためにも必要不可欠な存在となったアイガモたちは、ガァガァと今日も元気に水田を泳ぎ回っています。

水田に顔をつっこんで雑草を食べているアイガモたち

田圃を囲むネットの写真

村上活芳さんの写真

商品データ

商品名 袈裟尾の合鴨
生産者 村上活芳
生産地 熊本県菊池市
品種 未検査米・自家採取
(種子購入:ヒノヒカリ)
農法 有機栽培
無農薬歴 24年
  • 真空パックサービスのお知らせ

↑上へ戻る