安心・安全な食材なら自然派きくち村へ!誰が、どこで、どのように作ったのか分かる、
無農薬・自然栽培、有機栽培のお米やお野菜、調味料、ごぼう茶などをお届けします。

販売価格
1,600円(内税)
在庫数
在庫なし
購入数
-
発送方法

在庫切れ

レビュータイトル
  • ゆとちゃん ( 40代 ・ 女性 )
  • ID:177142
  • 投稿日:2016/09/28 13:47:44
安心。
無施肥のいちごって滅多にお目にかかれませんよね。貴重だと思います。
ちびちびと大切にいただきました。
本当にありがとうございます。
  • 桃が食べたい ( 30代 ・ 女性 )
  • ID:125444
  • 投稿日:2015/09/23 01:12:31
美味しいです
スムージーにして美味しく頂きました。

こちらの商品は、冷凍便にてお送りします。

通常便チルド便(冷蔵)の商品との同梱はできません。
通常便、チルド便商品を一緒にご注文の場合、2個口発送となります。)

伊藤さんの冷凍いちご

美味しいイチゴを冷凍保存!ジャムやソース作りなどにどうぞ

 今年の1月〜3月の間に成熟した美味しいイチゴを、収穫後すぐに冷凍して保存しておいた冷凍イチゴです。へたを取って1つづつコロコロしているので、少量づつ使うことも可能です。
 「美味しくなぁ〜れ」と心を込めて栽培した伊藤さんのイチゴ。栽培が難しいフルーツの栽培を成功させた伊藤さんのこだわりは是非下記を読んでみてください。ジャムなどの加工品にしたり、お肉料理のソースを作ったり、いろんなお料理でフレッシュな味わいを楽しめますよ。
※ジャムなどに使うお砂糖は、有機キビ砂糖がオススメです!

ジャム作り

伊藤さんハウス内にて

伊藤さんの蜜蜂

蜜蜂と花

いちご

フィジー共和国から、熊本県鹿本町へ

 2013年3月、イチゴ農家として就農された伊藤将宏さんご夫婦。前職では、開発途上国への国際協力を行う独立行政法人に所属し、フィジーに常駐されていたというちょっと珍しい経験をお持ちです。そこで、途上国へ行う様々な支援業務内に農業に関することが多かったこともあり、いつしか「自分で農業をしたい」との思いが積み重なっていかれたそうです。そんな伊藤さんが、出身地でもない熊本で就農されたのは、前職の同僚で現在、有機農業関連の会社に務める友人に「就農を考えている」と相談したところ、同県にて無農薬でイチゴを栽培している農家さんを紹介してもらい、自分に合っていると感じたから。その後、家族で移住され1年の研修を経て就農されました。

伊藤さん圃場にて

いとう農園のこだわりは「美味しい」と「安心・安全」

 「就農する際、イチゴ栽培に決めたのは子供が喜ぶから」と、満面の笑みで話される伊藤さん。しかし、イチゴは病害虫に弱く、一般的には農薬なしでは栽培できないと言われている作物。そのデリケートな作物を伊藤さんは就農以来、化学合成農薬を使わない栽培方法でチャレンジされているのです。

 イチゴの無農薬栽培は、ほとんど前例がないので毎年、試行錯誤の繰り返し。最初は肥料も一切使わない炭素循環農法を取り入れられましたが、「安全な食品でも美味しくなければ意味がない」そんな考えより、有機JAS認定で使用できる有機肥料にミネラルたっぷりの海藻やニガリ、さらに乳酸菌など畑を丸ごと醗酵させる微生物を使用する事で、いとう農園独自の豊かな土壌を作り上げられました。

木材チップと菌糸

“おいしい”と“安心・安全”を“多くの方”に

 栽培期間中の病害虫対策は、天然由来(天敵昆虫や微生物など)の資材のみを用い、化学合成肥料は一切使用されていません。  「就農してまだ数年、これからどうなるかはわかりません」と伊藤さんは言われます。美味しいイチゴを沢山の人に届けたいという考えのもと、自分にできる範囲で環境に優しい農法を実施しながら、より美味しいイチゴ作りに取り組まれています。
 伊藤農園のキャッチコピーは、「“おいしい”と“安心・安全”を“多くの方”に」。伊藤さんご夫婦の優しい思いが感じられる言葉です。パクッとほおばれば、口いっぱいに甘〜い香りがひろがる幸せなイチゴ。遠慮せずにお腹いっぱい食べたいですね(笑)。

プリッとイチゴ

伊藤さんの写真

商品データ

商品名 伊藤農園の冷凍イチゴ
生産者 伊藤将宏・今日子
生産地 熊本県山鹿市
品種 紅ほっぺ、ひのしずく
無農薬歴・
自然栽培歴
3年

↑上へ戻る