安心・安全な食材なら自然派きくち村へ!誰が、どこで、どのように作ったのか分かる、
無農薬・自然栽培、有機栽培のお米やお野菜、調味料、ごぼう茶などをお届けします。

販売価格
1,670円(内税)
在庫数
6本
購入数

ガラス瓶の商品の発送は「ゆうパック」のみとなります。

※ヤマト運輸による“ガラス瓶の破損”が相次いでいることから、
このような対処をとらせて頂いております。ご了承ください。

 バレンシアで有機栽培を実践する造り手の柔らかな赤ワイン。ベリー系の果実の甘みとミネラル感が心地よくグラスが進みます。ほど良いコクがあり、料理に合わせやすい赤ワインです。

【ワイナリー名】Pago Casa Gran, S.L. パゴ・カサ・グラン
【ワイン名】Casa Benasal Tinto カサ・ベナサル
【容量】750ml
【原産国】スペイン
【地方】レバンテ
【品質分類・原産地呼称】バレンシアD.O.
【品種】モナストレル 30%/ シラー 27%/ ガルナッチャ・ティントレラ 20%/
     プティ・ヴェルド 12%/ メルロー 6%/ カベルネ・ソーヴィニヨン 5%
【醸造・熟成】醗酵:ステンレス・タンク醗酵 熟成:ステンレス・タンク熟成 8ヶ月
【ALC度数】14%
【キャップ仕様】コルク
【種類】赤ワイン
【色】赤
【味わい】ミディアムボディ
【飲み頃温度】15℃
※海外産のオーガニックワインは、品質保持のため酸化防止剤を使用しています。

【オーガニック等の情報】ビオロジック(化学物質/農薬、化学肥料を一切使わない農法=有機栽培)
【オーガニック認証機関】CAECV
【コンクール入賞歴】インターナショナル・オーガニック・ワイン・アワード 2014 金賞(91点)

パゴ・カサ・グラン

母親の思い出を今に蘇らせたワイナリー

 バレンシアで最も恵まれた地域の一つ、南部クラリアノに2004年に設立された新しいワイナリー。もとは母親が何十年も前からワイン造りを行っていました。

 畑にはワイン生産者だった祖父が約60年前にドイツの友人から譲り受けたゲヴュルツがあり、かつて母がこのゲヴュルツで「Oro de Rhin」(ラインの金)というワインを造っていました。これは父親のお気に入りでした。現当主カルロス氏への世代交代をきっかけに、改めてゲヴュツルの栽培にも着手し、地元だけでなく、国内外に広く自分たちのワインを広めようとしています。

オーナー兼醸造家 カルロス・ラソ・ガルビ氏

家族の想いをつなぐワイナリー

 畑は祖父の代から、ワイン造りは母親から受け継いだワイナリーですが、それを本格的な仕事にしたのは現在のオーナー、カルロス・ラソ・ガルビ氏です。
 ガルビ氏はプリオラートの醸造家などとの交流から、クオリティワイン造りへの様々なヒントを得て、栽培や醸造に活かしています。畑のあるバレンシア南部クラリアノはこの地方で最も恵まれたテロワールを持つといわれます。ガルビ氏は、伝統的な農法を大切に考え、畑では有機栽培を実践しています。

恵まれた条件の下、有機栽培を実践

 バレンシアでもこのワイナリーがある南部クラリアノは、最もよい地域とされています。恵まれたテロワールをいかし、ブドウ畑では100%有機栽培を実践しています。

 スペインでは珍しいゲヴュルツトラミネールは祖父がドイツから持ち込んだものです。母の手によりワインとなりましたが、ワイナリー経営は一時中断。2004年に息子のカルロスが、母の想いを受け継いでワイン造りを再興しました。

ワイン専門誌

↑上へ戻る