販売価格
1,600円(内税)
在庫数
残り 4 本です
購入数

チェリーや煮詰めたイチゴにバニラ香を想わせる複雑で完熟した果実のアロマ。
滑らかな舌触りに長い余韻。グッドバリューな本格派ピノ・ノワールです。

【ワイナリー名】Vinedos Errazuriz Ovalle S.A.
        ビニェードス・エラスリス・オバリェ
【ワイン名】Panul Pinot Noir Reserve Oak Aged
      パヌール ピノ・ノワール リザーヴ オーク・エイジド
【容量】750ml
【原産国】チリ
【地方】セントラル・ヴァレー
【村】ロントゥエ・ヴァレー
【品質分類・原産地呼称】ロントゥエ・ヴァレーD.O.
【品種】ピノ・ノワール 100%
【醸造・熟成】熟成:オーク樽熟成 8ヶ月(新樽比率 40%)
【種類】赤ワイン
【色】赤
【味わい】ミディアムボディ
【飲み頃温度】16℃
※海外産のオーガニックワインは、品質保持のため酸化防止剤を使用しています。

【オーガニック等の情報】ビオロジック(化学物質/農薬、化学肥料を一切使わない農法=有機栽培)
【オーガニック認証機関】認証無

ビニェードス・エラスリス・オバリェ

このコスパ。ホントに凄い!

 チリワインは日本とチリ共和国との間に協定された経済連携協定(EPA)による段階的に関税が引き下げられています。この協定により生産価格がヨーロッパワインに比べて低価であるチリワインのコストパフォーマンスを更に高いものにしてくれました。

 そんな、チリワインの中でも銘醸地コルチャグワバレーのマルチグエを始め優良地に広大な自社畑を持ち良質なブドウを厳選してワインを造る事ができるエラスリス・オバリェ社のワインはピカイチなコスパワインです!家族経営のブドウ栽培農家としてはチリ最大級の生産者でもあります。

醸造家 アンドレス・エチェニーケ氏

 実はワイン元詰めの他に、ブドウやバルクワインを他の生産者に販売しているブドウ栽培農家でもあります。その供給先は、チリを代表する生産者達で、その質の高いブドウは高値でも要望が殺到しています。また、バルクワインは日本にも多く輸出されています。

広大な面積の自社畑。畑はチリ屈指の銘醸地に位置します。

 コルチャグア・ヴァレーに約3000ha、ロントゥエ・ヴァレーに約200haの合計約3200haの畑を所有しています。その中でもコルチャグワ・ヴァレー西端にあるマルチグエに位置する畑はボルドー品種にとって最高の気候条件が存在します。この地で大切に育てられるブドウを求め、通常よりも数倍近く高値であるにも関わらず多くの銘醸ワイナリーがエラスリス・オバリエ社からブドウを買い求め彼らのプレミアムワインの原材料として使用しています。

【認証はありませんが有機栽培を実施】
 ワイナリーではよりブドウに適した栽培方法として有機栽培を実施しています。認証こそ取っていませんが恵まれた環境の中でテロワールを最大限に利用・生かしたブドウ栽培を行っています。

ワインいろいろ

↑上へ戻る