販売価格
600円(内税)
在庫数
15袋
購入数

こちらの商品は、通常便orチルド(冷蔵)便にてお送りします。

粉物の冷凍便での発送は、お客様のご希望がある場合のみご手配致しております。

(※冷凍便で発送の場合、粉物の水分が凍って塊になる事があります。
その場合ご使用前に ふるいにかける等してご利用ください)

熊本県菊池市産 自然栽培 さらさらプレミアム生ぬか

身近な健康食材、米ぬかをもっと。

 お米の糠(ぬか)とは、お米を精米した時に出る果皮・種皮・胚芽・糊粉層などの部分が粉末になったものです。精米して取り除かれた糠の部分には、米が発芽する為に必要な有用成分が多く含まれ、ぬか漬けのぬか床や、医薬品・化粧品の製造に利用されたりしています。米の重要な部分でビタミンカプセルとも言える「胚芽」が入っています。
 ぬか全体の栄養素としては、フィチン酸(抗がん・抗腫瘍作用)、イノシトール(脂貿の代謝をよくする作用)、フェルラ酸(抗酸化作用)、γ-オリザノール(自律神経を整える作用)、食物繊維、ビタミンB群、カルシウム、鉄、マンガン等が含まれており、ぬかを食すことで体に栄養を与えるとともに、体内の老廃物を排出する性質も併せ持っています。

自然栽培のお米の写真

菊池未来農場 自然栽培米のさらさら【プレミアム】生ぬか

  無施肥・無農薬で健やかに育った菊池市産の自然栽培米を、目の細かい特殊な精米機にかけるとさらさらの米ぬかができます。このぬかをさらに人の手で細かいメッシュのふるいに掛けて仕上げました。ぬか床作りの他に、ケーキなどの製菓や製パンにもご利用ください。入浴用などお肌のお手入れなどにもご利用いただけます。

 日本では昔から肌や髪の手入れに米ぬかの洗浄成分や美容成分が利用されてきました。初めてお肌の手入れにぬかをご利用される前には、少量のぬるま湯でといた米ぬかを、腕の内側などの皮膚に塗って赤みやかゆみが出ないことを確認してからお肌に使用されてください。生ぬかを布の袋などに入れて口を縛ったぬか袋で優しくお肌を洗ったり、お湯の中でぬか袋を揉み、白濁したお湯を身体に掛けたり浸かったりしてご利用ください。またパックとして使用される場合は、適量の水・酒粕と練り合わせて滑らかなペースト状に練り、お肌に塗布してしばらく置いて優しく洗い流してください。米ぬかをハーブやクレイなどと混ぜ合わせてオリジナルのパックを作るのも楽しいですよ。

 使用後はできるだけ空気を抜いた状態で密閉して、直射日光が当たらない状態で酸化させない状態で保管してください。(冷凍保存もできます。)

無農薬・自然栽培にこだわる意味

 今から15年前。渡辺商店の渡辺義文社長は、環境問題の講演を聞いて環境問題に目覚め、“町の酒屋”だった渡辺商店に無農薬米を仕入れ、販売を始めました。その後、無農薬栽培のお茶や大豆、味噌、野菜、海外のオーガニックフード等の商品取扱いを増やし、自然食品店として発展していきます。
 自然栽培の米作りからオリジナルの酒造りにも着手し、無農薬栽培・地元産原料・無添加にこだわり「きくち村ブランド」の加工品を作り出しお客様に販売してきました。
 多くのお客様に支えられ、教えて頂き、毎日口にする食べ物が人々の健康を大きく左右すると言う事を強く感じて来ました。無農薬栽培を広めていく事を理想とする一方、地元での農業人口が高齢化してきているという問題が差し迫っている事も分かっていました。

畑を見回る渡邊義文社長

農業生産法人「菊池未来農場」で中山間地の農業を盛り上げたい!

 インターネット通販という販売路が確立してきた今、生産者・生産物を増やす為に、株式会社「菊池未来農場」が設立されました。菊池市旭志麓の桜ヶ水という所で、高齢になり作付けをしなくできなくなった農家さん達の農地を、まだ現役の農家さんで手分けをして無農薬農産の作付け・管理をするのです。今年は菊池の無農薬栽培農家の合志武治さんが作付けを担っており、お米・菊芋・アワ・キビ・ヒエ・タカキビ・ハトムギ・アマランサス・麦・大豆・小豆・エゴマなどを試験的に作付けしました。
 自然派きくち村の渡辺社長も全面的にこの活動を支援しています。将来の展望としては新規就農の若い方々のチャレンジの場、菊池で自立できる農家を作っていく事を目標としています。

水田で満足そうな合志さん

【糠に含まれる栄養成分】
フィチン酸…抗がん作用・抗腫瘍作用
イノシトール…脂肪肝や高脂血症、パニック障害、強迫神経症
フェルラ酸…紫外線吸収、酸化防止機能
γ-オリザノール…抑コレステロール吸収作用、更年期障害などの不定愁訴
食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンE、ミネラル、鉄、マグネシウム、マンガン


ぬか床の作り方

≪材料≫
生ぬか(1kg)、水(1ℓ)、天然塩(130g)、とうがらし(2〜3本)、昆布(30cmくらいの物を5cm位にカット)捨て漬け用の野菜(かぶ、大根、キャベツ、人参などあるものでよい)

≪作り方≫
 Э紂1ℓ)を沸かし、天然塩(130g)を溶かし
  て冷ましておく。
◆容器に生ぬかを入れ、冷めた塩水を入れ素手で
  良く混ぜる。
:とうがらし、昆布、捨て漬け用の野菜を入れ、
  フタをして常温に保管する。
  (虫をほこりが入らないように)
ぁО貊鬼屬隆崢晩手で混ぜ、野菜(捨て漬け用)
  を漬けて乳酸菌を増やす。

★捨て漬け用の野菜も食べられますよ。
 味の変化を観察して味を調節してください。


レシピ01

↑上へ戻る