自然派きくち村

食の向こうには
伝えたいストーリーがある

ホーム |   焼酎 未成年者確認

【原酒】抹茶焼酎「茶楽(ちゃら)」 720ml(43度/農薬不使用栽培米と抹茶を使用)

価格
3,780円(内税)
在庫数
残り 3 です
購入個数をお選びください

こちらの商品は、通常便orチルド(冷蔵)便にてお送りします。

冷凍便の商品との同梱はできません。冷凍便商品を一緒にご注文の場合、2個口発送となります。

秘蔵抹茶焼酎「茶楽(ちゃら)」
無農薬栽培米と抹茶の焼酎【茶楽】41度 那須酒造場からの景色

世界に認められる球磨焼酎を作る蔵元【那須酒造】

 熊本県球磨郡多良木町。人吉には28件の焼酎蔵がありますが、ここに小さいながらもおいしさにこだわった焼酎を造る蔵元【那須酒造場】があります。美しい山々に囲まれた盆地、その山々から良質の水が流れ出し、その水がつくりだすのが日本三大急流のひとつである清流球磨川。盆地特有の寒暖の差が激しい気候と、自然が育んだ豊かな大地と水が有数の米どころをつくり、極上の『球磨焼酎』を育てあげています。『球磨焼酎』とは米のみを原料として人吉球磨の地下水で仕込んだもろみを人吉球磨で蒸留し、びん詰めした焼酎です。ウィスキーやスコッチ、ワインのボルドーやシャブリ、ブランデーのコニャックのように、球磨焼酎は地名を冠する数少ないブランドです。

 那須酒造場の焼酎造りは、家族3人が力と心を合わせ感覚を大切にして作る事、そして「おいしいさ」を日々追究して行われています。 熊本国税局主催の焼酎製造の出来栄えを競う鑑評会では、九州全体・各県の米焼酎70〜80銘柄が集まります。出品された焼酎は名前を伏された番号のみでブラインドテストされ、香・味・総合の評価されます。那須酒造場は小さな蔵ながら10年連続の優等賞を獲得している奇跡の蔵です。出品歴10年のうち5年間は米焼酎部門・蔵元代表【第一位】、杜氏代表【第二位】のいずれかの座に輝いています。昨年:23年度の鑑評会では那須酒造場は米焼酎部門・蔵元代表【第一位】と評されました。

熊本県人吉市・那須酒造場 受賞時の写真

地元の組合員農家と焼酎蔵、酒販店が連携し生まれた焼酎【茶楽-ちゃら-】

九州環境保全型農業共同組合の無農薬米と無農薬抹茶を、熊本県球磨郡の那須酒造さんで丁寧に仕込んでもらいました。そしてできあがったのがこの焼酎「茶楽」。 5年をかけて最高の焼酎ができた、と語るのが組合長の後藤清人さん。小規模酒造で造り上げたぜひこの味を、是非一度ご賞味下さい。 この抹茶焼酎「茶楽」は、無色透明です。43度の原酒です。

茶楽の試飲会
酒類販売管理者標識
販売場の名称及び所在地 有限会社渡辺商店
菊池市隈府58-3
酒類販売管理者の氏名 渡辺義文
酒類販売管理研修
受講年月日
平成30年10月18日
2018年10月18日
次回研修の
受講期限
2021年10月17日
研修実施団体名 菊池市小売酒販組合