自然派きくち村

食の向こうには
伝えたいストーリーがある

ホーム |   酢・醤油・みりん その他、調味料 オリジナル調味料

かぼすポン酢200ml(自然栽培原料・天然醸造しょうゆ使用)

価格
750円(内税)
在庫数
59
購入個数をお選びください

こちらの商品は、通常便orチルド(冷蔵)便にてお送りします。

冷凍便の商品との同梱はできません。冷凍便商品を一緒にご注文の場合、2個口発送となります。

ポン酢使用シーン

 自然栽培のカボス果汁をたっぷり使い、なんと水すら添加していないカボス果汁に天然醸造の醤油と有機三河みりんで味付けしたとっても贅沢なポン酢。カボスのさわやかな酸味が広がるフルーティなポン酢です。お鍋や、湯豆腐、豚しゃぶ、ドレッシング代わりなど、様々なお料理にぜひおすすめしたい一品です。

かぼすがいっぱい

手間をかけ愛情をこめて向き合うからこそ、応えてくれる

 大分県竹田市。大分県の南西部に位置し、滝廉太郎が「荒城の月」の構想を練った岡城で知られる城下町。大分県はカボスの生産量の日本一を誇り、竹田地区は県下でも臼杵津久見地区に次ぐ生産量です。その竹田市で無農薬・無施肥の自然栽培でのカボス作りに取り組んでいる生産者:甲斐省吾さん。約40年前、祖父の代に植えられたカボスを3代にわたって受け継ぎ、約200本のカボスの木が無農薬・無施肥で栽培されています。自然栽培に取り組む以前には、年1度春の消毒、3年に1度土に牛肥をいれるという最低限の施肥はおこなっていました。

 しかし、省吾さんのお父様が牛の飼料等を経由しての化学物質の混入を懸念するようになり、同じころ、遠く関西地域からわざわざ竹田市を訪れて、本当に安全なカボスを探しておられたお客様との出会いによって、8年ほど前から無農薬・完全無施肥の自然栽培に切り替えられました。自然栽培にすると決めてからは、農園の土を総入れ替えし、草刈りを徹底して行うことで美味しく、安全なカボスの生育を管理してきました。薬剤の力に頼らずに、これまでと同じ、もしくは、それ以上のカボスを作るにはどうしたらいいのだろうと試行錯誤した結果、人力で手間をかけたものが一番美味しく、安全なカボスが出来上がるようになりました。

手入れ写真 もぎたてかぼす写真

 木々の風通しを良くするために草刈りを頻繁に行うことで、湿気がたまることを防ぎ、健康な木が育ち、美味しいカボスが育つそうです。あたりまえですが、カボスの果実はカボスの木が生み出します。そこで、カボスの木が健康で心地よく生きていける環境を与えることに力を注ぐことにしたそうです。そのための草刈りの労力は大変なものですが、薬剤や堆肥の力に頼らない木々は、むしろ虫や病気の害にも負けない強いものになるそう。他のカボス農園が病害で不作の時期にも、しょうちゃんの農園は安定的に高品質のカボスの収穫量を保ち続けているそうです。

使われし醤油は添加物一切不使用!九州の丸大豆醤油

「ヤマア 天然醸造 丸大豆醤油(こいくち)」
 製造時に添加物を入れないだけでなく、原料にもこだわった貴重な醤油です。丸大豆と麦は九州の農家さんと契約して仕入れた、無農薬製法栽培のものを使用。塩は、天日で精製した自然塩を使用し、じっくりと一年以上の長期熟成させて製造しました。丸大豆と小麦に含まれるたんぱく質が麹菌の酵素で分解され天然のアミノ酸が豊富になり、うまみ成分のグルタミン酸が豊富に含まれたふくよかな味に仕上がります。昔ながらの天然醸造で添加物は一切不使用の丸大豆醤油なのです。皆様の食卓に安心安全の美味しさをお届けしたいとこだわりぬいた松合食品のこだわりの丸大豆醤油です。

秘伝の製造レシピ
醤油タンクの中
かぼすポン酢200ml(自然栽培原料・天然醸造しょうゆ使用)
原材料名 かぼす、しょうゆ、みりん
内容量 200ml
保存方法 直射日光・高温多湿を避け保存。開封後は必ず冷蔵保存してください。
製造者 ikushiro. 草野育史郎
熊本県熊本市植木町平井577
販売者 (有)渡辺商店
熊本県菊池市隈府58-3
栄養成分表示: (100mlあたり)※表示値は目安となります。
エネルギー 47kcal
タンパク質 3.4g
脂質 0.1g
炭水化物 8.2g
食塩相当量 5.8g