自然派きくち村

食の向こうには
伝えたいストーリーがある

ホーム |   海産物の加工品 新商品

長崎五島列島産 あご一番(塩漬炭火焼)30g

価格
830円(内税)
在庫数
残り 3 です
購入個数をお選びください

こちらの商品は、通常便orチルド(冷蔵)便or冷凍便、どの発送方法でも可能です。

※チルド(冷蔵)便、冷凍便での発送の場合、ラベルの紙の部分がふやけてしまう恐れがあります。

そのまま食べる絶品乾物

 長崎五島列島で漁獲される新鮮なアゴ(飛魚)を、五島列島で生産される天日海塩に漬け込み、カラカラになるまで乾燥させた後、炭火でじっくり焼き上げた一品。そのままご賞味いただけます。お酒のおつまみにはぴったりの旨味の詰まった絶品です。特に日本酒や焼酎にはよく合います。手作り、炭火焼ならではの風味をお楽しみ下さい。

伝統の炭火焼あごを守っていく

 五島列島、新上五島町。複雑なリアス式海岸と豊かな緑が息づくこの島は漁業や観光業が盛んなところです。ここ新上五島町に飛魚をメインに加工品を製造する「有限会社はたした」という所があります。はたしたの畑下直さんは元々は漁協の職員でした。しかし、昔ながらのあご(飛魚)の炭火焼を残したいという熱意から起業。現在は上五島でこの炭火焼で焼きあごを作る業者は数件残るのみだそう。なんせ手間がかかるので今はガス式が多くなったそうです。

 9月、この時期は飛魚漁の最盛期です。はたしたさんでは9月の1ヶ月間だけで1年分の飛魚を漁獲します。大型冷蔵庫が普及していなかった時代は、この時期に家族や親戚が1年間に使う焼きあごを寝る間も惜しんで作っていたといいます。

炭火焼ならではの風味豊かなあご

 畑下さんは言います。「炭火焼は手間がかかりますが、その分美味しくなるんです。」遠赤外線効果で中までふんわりと焼き上がり、炭独特の風味がしっかり生きています。しかし、焼きすぎると固くなり、焼きが甘いと生臭さが残る。この加減はベテランならではの技なのです。手間を惜しまず伝統の味を守っていく。どんなに技術が発展してもこの炭火焼にこだわる。それは、この味こそが郷土の味だからです。そしてこの味を後世に伝えていく。畑下さんは「それが私の使命かもしれません。」と笑顔で答えてくれました。

焼きあご(あごだし)
名称 飛魚炭火焼
原材料 飛魚(長崎五島列島産)、塩
内容量 30g
賞味期限 製造より6ヶ月
保存方法 常温
製造者 襪呂燭靴拭…杭蠍南松浦群新上五島町小串郷1299-9
販売者 訶亙嫋ε后〃本県菊池市隈府58-3