自然派きくち村

食の向こうには
伝えたいストーリーがある

ホーム |   ワイン 未成年者確認

【酸化防止剤・無添加】ビオワイン【赤】ジェラール・マリュラ/シノン・ルージュ クロ・ド・バッコネル 750ml

価格
4,100円(内税)
在庫数
残り 3 です
発送方法をお選びください
購入個数をお選びください

無添加ワインは品質保持のため、チルド便(冷蔵)にてお送りします。

通常便、冷凍便の商品との同梱はできません。 通常便、冷凍便を一緒にご注文の場合、2個口発送となります。

ドメーヌについて

 シノンの近隣集落ティゼの外れに居を構える小さな造り手。ロワール=アトランティック県ヴァレの醸造学校で学び、アンジュのドメーヌ・ジョー・ピトンで研修したのち、2004年から2013年までの9年間、エティエンヌ・ボナヴァンチュール氏のシャトー・ド・クーレーヌで仕事に就く。初ヴィンテッジは2005年で、つい最近まで二足の草鞋を履いていた。長年ワインを愛好していたが、ジョー・ピトン氏との出会いが新しい展望を導き、自分自身でワインを造りたいと思うようになる。

 生産量は収量の多いヴィンテッジでも年間20,000本に満たず、2014年は約12,000本、2013年はわずか8,000本程度。45アールの畑からワイン造りを始め、少しずつドメーヌを拡げ、現在3.2ヘクタールの畑を所有している。セラーと醸造所は、16世紀に岩壁をくり抜いて造られた小さな穴倉で、セラーと呼ぶにはあまりに原始的なもの。もちろん機械らしい機械もほとんど置いていない。テロワールと、その地に育つ植物の事をよく理解し、生育の手助けを行うだけにとどめ、この地で産するブドウを最大限尊重したワイン造りを目指している。結果は、個性豊かで滋味あふれ、芯があるワイン。シノン出身の文豪フランソワ・ラブレーならば必ずや絶賛し、ガルガンチュアに何本も飲み干させたがること疑いなしの、地に足の着いた味わいである。

【畑について】
栽培方法: ビオロジック
認証機関: 現在認証は取得してない。以前は取得していたが、2012年以降は認証を放棄、その分のお金と時間を畑にかけたいという信念のもと、しごく適切な作業を行っている。
その栽培方法の開始時期: 創業当初より
その栽培方法を適用している畑名: 全ての畑
栽培方法の将来的な展望: 特に大きな変更の予定はない

【醸造について】
醗酵容器: グラスファイバー・タンク、木樽(2500L〜4000L)
熟成容器: グラスファイバー・タンク、木樽(2500L〜4000L)
セラー環境: 畑から3〜15kmのところにある16世紀に岩壁をくり抜いて造られた小さな穴倉
年間生産ボトル本数:10,000 〜12,000本
酒類販売管理者標識
販売場の名称及び所在地 有限会社渡辺商店
菊池市隈府58-3
酒類販売管理者の氏名 渡辺義文
酒類販売管理研修
受講年月日
平成30年10月18日
2018年10月18日
次回研修の
受講期限
2021年10月17日
研修実施団体名 菊池市小売酒販組合