自然派きくち村

自然栽培、農薬・肥料不使用のお米とお野菜。
ストレスをかけない放牧された牛、豚、鶏のお肉。
こだわり抜いた調味料。それらを使用した惣菜にスイーツ。

ホーム |   野菜・くだものの加工品 新商品 山菜

干し竹の子スライス 50g

価格
700円(内税)
在庫数
在庫なし

こちらの商品は、通常便orチルド(冷蔵)便or冷凍便どの発送方法でも可能です。

※チルド(冷蔵)便、冷凍便での発送の場合、ラベルの紙の部分がふやけてしまう恐れがあります。

乾燥して旨味をギュッと

 熊本県産竹の子を使った乾燥竹の子です。農薬、肥料などは一切使っておらず、山で育ったものをそのまま収穫、加工しています。乾燥することで、栄養、うまみ等を凝縮。十分に乾燥されている為、無添加でも長期保存ができ、1年を通して色々なお料理にお使いいただけます。干したけのこ表面にふく白い粉は、カビではありません。「チロシン」という天然の旨味成分の一種ですので安心してお召し上がりください。

干したけのこの調理法

 乾物は一般的に戻すと五倍程度の重量になります。湯戻し後、湯につかったまま一晩おき、次の日水切りした後は、煮物・炒め物・きんぴら・春巻きや肉まんの具・漬物・ぞうすいの具などさまざまなお料理にご利用ください。油と相性が良いので、ごま油で炒めたり油揚げと一緒に炊くと美味しいですよ。

【干したけのこの戻し方】
1.沸騰したお湯に干したけのこを入れ20分程ゆがく。
2.火を止め、そのまま一晩浸す。
3.翌朝、水を取り替えもう一日水に浸す。
4.水を切ってお好みの調理法でお召し上がりください。

農業のきっかけはとある出会いから

 竹の子を採って下さったのは自然栽培家の園田さん。農業を始めてまだ7.8年、まだまだ手探りだという生産者の園田は、前職、営業の仕事をしていたそうです。営業の仕事は、沢山の色々な方と出会えるという特徴があります。その頃に知り合った老夫婦が園田さんの人生を大きく変えることになります。
 このみかん農家の老夫婦はは一つの悩みを抱えていました。それは、後継者がいないという事。過疎化や少子化の影響をもろに食らった状態でした。そしてこんな提案をされたそうです。「みかん、やってみない?」そう、これが園田さんの人生の転機となりました。
 一大決心した園田さんは右も左も分からない状態で農業の世界に飛び込みます。そして、以前から興味があった「無農薬」「無肥料」でのみかんの栽培をスタートさせました。もちろん、全ての事がチャレンジ。数々の失敗も経験しました。みかんの木が枯れてしまう事もありました。みかんに虫がついた時は、針金で1匹1匹退治したそうです。でも、そこから学び、次のチャレンジの栄養として蓄えてきたのでした。自らを素人農家と名乗る園田さん。このポジティブで謙虚な性格が色々な人を呼び寄せ、今があるように思えます。

 熊本市西区平山、金峰山という熊本では有名な山の山あいに、園田さんが営むみかん畑があります。すぐ近くには宮本武蔵があの五輪書(ごりんのしょ)を執筆したとされる霊巌洞(れいがんどう)があり、いわゆるパワースポットとしても有名な場所です。河内と呼ばれるこの一帯は昔からみかん栽培で有名な所。全部の木が日光を十分に浴びれるように、うまく山の斜面を利用し栽培されています。
 また、自然栽培の園田さんの農園には多くの虫たちが共存していました。たくさんの数のクモがいたる所に巣を張り巡らせ、害虫駆除のお手伝いをしているようでした。厳しくも恵まれた環境で育ったみかんは甘く、しっかりした味になりました。

常にチャレンジ!強気の自然栽培家園田さん

 農業のきっかけは、ある老夫婦から託されたみかん畑。全くの素人の状態からいきなり農園を任され、就農一年目から自然栽培を始めたというチャレンジャー園田さん。耕作放棄地となった手つかずの土地や、高齢化する農家の跡取り不足という問題に挑み続けています。常にチャレンジを続ける園田さんの人柄や性格に惹かれ、今では多くの若者が訪れ、1つのコミュニティーを作りました。自称、素人農家集団。しかし、やってる事は紛れもなく本物です。

生産者の園田さん
生産者の園田さん
干し竹の子スライス 50g
名称 乾燥竹の子
原材料 竹の子(熊本県産)
内容量 50g
賞味期限 1年
保存方法 高温多湿、直射日光を避けて保存してください
製造者 訶亙嫋ε后〃本県菊池市隈府58-3