自然派きくち村

自然栽培、農薬・肥料不使用のお米とお野菜。
ストレスをかけない放牧された牛、豚、鶏のお肉。
こだわり抜いた調味料。それらを使用した惣菜にスイーツ。

ホーム |   野菜・くだものの加工品 漬物 新商品

水神さんの梅柴漬け(自然栽培梅・しそ使用)150g

価格
580円(内税)
在庫数
61
購入個数をお選びください

こちらの商品は、常温便orチルド(冷蔵)便にてお送りします。

冷凍便の商品との同梱はできません。冷凍便商品を一緒にご注文の場合、2個口発送となります。

夏こそオススメ!塩分チャージにも最適!

 お弁当やおにぎりに入れるもの、定番といえば梅干しですよね!梅柴漬け(梅漬け)は梅干しによく似た保存食で昔から梅干しとともに日本人に愛されてきました。梅干しは作る工程で天日干しを行うのですが、この天日干しをしない製法で作られるのが梅柴漬けです。天日に干して乾燥していない分、フルーティーさや梅の食感が残っていて、塩気や酸味も梅干しに比べると少なく、食べやすいのが特徴です。ですから、辛すぎる、酸っぱすぎる梅干しが苦手な方やお子様にもオススメ。サイズは大小ありますが、全体的に大粒で食べ応えも十分。
 程よい塩分なので、暑い夏には不足しがちな塩分のチャージにも最適です!

坂本部長のお父様、木に登って収穫 龍門の青梅

水神さんの梅

 熊本県菊池市の中心地から車で30分ほど山手に上ったところに、龍や蛇にまつわる様々な伝説が多い「龍門」と呼ばれる地区があります。クヌギや杉などの山々に囲まれ、山から湧き出る清涼な水も豊富な中山間地で、一般的にイメージされるであろう古き良き「田舎」の風景が広がっている素晴らしい所です。
 今回の梅柴漬けの原材料である青梅は、その龍門にある弊社きくち村の坂本部長の実家で代々受け継がれてきた土地にある、樹齢100年ほどの青梅です。その梅の木のふもとには、古くから農業用水として大切に利用されてきた谷川が流れており、近隣の集落から「水神様」として祭られる石の祠があります。ですから今回、梅を収穫して頂いた坂本部長の父、恭一さんはこの梅を「水神さんの梅」と呼んでいます。なんとも御利益のありそうな梅ですね。

きくちの環境に魅せられて

今回、この柴漬けを漬けてくれたのは、移住者の原田さん。そんな原田が暮らすのは、熊本の菊池市の中でも特に自然豊かなところ。四方を山に囲まれた山中です。この環境が気に入って十数年前にこの菊池市に移住してこられたという原田さん。元々「食」と「自然」に興味があり、この菊池の自然に魅せられてここに住む事にしたそうです。

原田さん
原田さん
水神さんの梅柴漬け
名称 梅柴漬け
原材料 梅(熊本県産)、赤しそ、塩
内容量 150g
賞味期限 2021.06.26
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存
製造者 訶亙嫋ε后〃本県菊池市隈府58-3