自然派きくち村

自然栽培、農薬・肥料不使用のお米とお野菜。
ストレスをかけない放牧された牛、豚、鶏のお肉。
こだわり抜いた調味料。それらを使用した惣菜にスイーツ。

ホーム |   スウィーツ 新商品

砂糖不使用 白玉ぜんざい(アガベシロップ使用) 150g×2袋【冷凍】

価格
860円(内税)
在庫数
33
購入個数をお選びください

こちらの商品は、冷凍便にてお送りします。

一部の常温便・チルド(冷蔵)便の商品との同梱はできませんので、2個口発送となります。

砂糖を使っていないスッキリした甘さのぜんざい

 砂糖を全く使わずに作った甘さ控えめのぜんざいです。関東ではおしること呼ばれているそうですね。砂糖の代わりに甘さを出すのはアガベシロップとよばれるもの。あのお酒のテキーラの原料でもあります。テキーラがなんとなく甘いのはブルーアガベという植物にこの甘さが元々あるからなのでしょうか。
 そして、白玉の原料である白玉粉は、自然栽培の緑米というもち米を使っています。米飴・白玉粉・白玉菓子製造の老舗「白玉屋新三郎」さんにて石臼挽きにて白玉粉に加工。機械挽きしないのは、石臼の方が遥かに風味や味がいいからなのだそうです。

さて、そんな原材料を使って作った白玉ぜんざい。お味はというと、甘さはとてもスッキリ!後味も爽やかです。白玉のつるんとした食感も暑い日にはいいですね!夏は冷やしぜんざいがオススメです!

地元菊池の老舗、中原松月堂

 自然派きくち村がお店を構える地元菊池市の老舗、中原松月堂。戦後にあたる昭和20年代創業の歴史ある和菓子屋さんです。3代目となる中原 大松さんの作る和のお菓子は、老若男女の甘党の舌を喜ばせてきました。
 冷凍あんこに続くぜんざいは、そんな歴史ある和菓子和屋さんに作ってらった贅沢な甘味。和菓子屋さんにとって「あんこ」は基本中の基本。そのあんこから作り出すぜんざいもまた、オーソドックスですが奥深い甘味なのだとか。いつもの使い慣れた材料ではなく、きくち村の材料(自然栽培や有機栽培のもの)で納得の味に仕上げていただきました。

和菓子職人、中原大松さん

菊池の和菓子の老舗、中原松月堂の3代目としてお店を切り盛りする中原大松さん。菊池生まれ菊池育ちの生粋の菊池人(きくちびと)です。とても研究熱心な方で、他の和菓子屋さんがやらないような面倒な作業も、「おいしくなるなら」と手間を惜しみません。例えば、あんこのちょっとした食感にもこだわりがあります。食感をサラッとするために「ぬめり」を取る作業。一般的な製法には、そもそもその工程はあまりないのですが、中原さんは自ら研究し、調べ、そして試してみます。「やってみたらやっぱり、ちょっと違う。」という中原さん。手間を惜しまず、追求するその姿には頭が下がります。

大松さん
中原松月堂
中原 大松さん
砂糖不使用 白玉ぜんざい(アガベシロップ使用) 150g×2袋【冷凍】
名称 白玉ぜんざい(砂糖不使用)
原材料 小豆(北海道産)、有機アガベシロップ、白玉粉
内容量 150g×2袋
賞味期限 1ヶ月
保存方法 -18℃以下で保存して下さい
販売者 訶亙嫋ε后〃本県菊池市隈府58-3
製造所 中原松月堂 熊本県菊池市隈府285