自然派きくち村

自然栽培、農薬・肥料不使用のお米とお野菜。
ストレスをかけない放牧された牛、豚、鶏のお肉。
こだわり抜いた調味料。
それらを使用した惣菜にスイーツ。

ホーム |   きくち村オリジナル お肉の加工品 惣菜 冷凍発送商品

赤どりレバーと水田ごぼうの煮物【冷凍】150g

価格
980円(内税)
在庫数
残り 7 です
購入個数をお選びください

こちらの商品は、冷凍便にてお送りします。

一部の常温便・チルド(冷蔵)便の商品との同梱はできませんので、2個口発送となります。

レバー嫌いでも大丈夫!?赤どりレバーと菊池水田ごぼうの味しみ煮物

 限定契約農家により、抗生剤不使用で健康に育てられたきくち村の赤どり。このレバーには臭みがなく、レバーが苦手という方にも食べていただけるとのお声をいただきます。そんな赤どりレバー(肝臓と心臓)と、菊池の水田ごぼうを使った煮物を作りました。
 きくち村の調味料で作った特製たれで煮込んだ肝はホロホロと柔らかく、中までしっかり味がしみています。心臓(ハツ)は弾力がありつつ硬くない、コクのある味。後味にも臭みなし。一緒に煮込んだ水田ごぼうも味がしみしみで、元々柔らかい水田ごぼうがより柔らか〜く煮えています。
 この水田ごぼうは村上活芳さん栽培の農薬不使用、有機栽培のものを使用。生でもかじれる甘みのあるごぼうです。
 きくち村のオリジナル醤油”なま”をベースに、きび糖、有機みりん、オリジナル日本酒の「菊池川」、九州産原料使用の和風だしなどを使い丁寧に煮込みました。甘さ控えめに仕上げたタレは、醤油そのものと素材の味が伝わってくるさっぱりめのお味です。
 「レバーはちょっと」というきくち村スタッフも「これなら食べられる」とのコメントを残した鶏レバー煮。おかずの一品にいかがですか?




抗生剤不使用、エサにこだわり長期飼育した健康赤どり

エサをついばむ鶏の写真

きくち村の赤どりは、限定契約農家により豊かな自然の中、抗生剤を一切与えずエサにこだわり長期飼育でのびのびと健康に育てた元気な赤鶏です。契約農家さんは現在5軒、農家さんがある地域は、筑後川水系のきれいな水が豊富で自然に恵まれた福岡県の朝倉郡・熊本県の北西部に位置する山に囲まれた町玉名郡・水郷の町であり温泉の町大分県の日田市です。日光が差し込む解放鶏舎内でエサを食べたり運動したりしています。肥育の状況を見ながらここで平均70日間育ちます。病気の発生を予防する為、冬場は一坪あたり35羽、夏場は30羽の広さでのうす飼いをしています。年間を通してインフルエンザなどの病気予防の為、世話をする人間しか鶏舎に入れないように配慮しています。

 鶏の品種はロードアイランドレッドで、主にお肉を取る為の鶏さんです。専用の飼料は、ポストハーベスト農薬不使用・遺伝子組み換えでないとうもろこし(アルゼンチン産)、それらを粉砕したグルテンミール(アメリカ産)、遺伝子組み換えでない大豆粕(アメリカ・ブラジル産)、黄粉(アメリカ産)、なたね粕(オーストラリア産)、塩(兵庫県産)などです。植物性の飼料のみ与えています。鶏の飼育中に抗生物質や合成抗菌剤などは一切投与していません。鶏肉への加工は、熊本県玉名郡にある株式会社チキン食品でおこなっています。本社は山口県にあり、「食はすべての命の源である」とのこだわりをもって農と食を扱われている会社さんです。




有機JAS取得、村上活芳さんの菊池ごぼう。

 熊本県菊池市で農薬不使用での農業を27歳の頃から営む村上活芳さんは、有機米「菊池の合鴨」や、「ごぼう」の生産者さんで、その他「玉ねぎ」などの野菜も農薬不使用・有機栽培で育てておられます。活芳さんは日本に有機認証が導入される以前から農作物を農薬不使用栽培しており、有機認証導入後はいち早く厳しい認定基準で知られる「有機JAS規格」を取得し「有機の会」への出荷をされていました。
 「ごぼう茶」が脚光を浴びてから、世間にもごぼうのもつ健康効果が広く知られるようになりましたが、村上家ではずっともっと前から「有機栽培の菊池ごぼう」をほぼ毎食食べて、家族全員丈夫になり、子沢山、快腸、ほとんど病気をしない健康生活を体現しておられます。

村上活芳さん
お召し上がり方
冷凍のまま、水を張った鍋に入れ温め、沸騰後5分ほど湯煎してお召し上がりください。
赤どりレバーと水田ごぼうの煮物【冷凍】
名称 煮物(赤どりレバーと水田ごぼう)
原材料 鶏肝(九州産)、水田ごぼう、醤油(小麦、大豆を含む)、きび糖、みりん、日本酒、生姜、だし(かつお粉末、大根、ごぼう、まぐろ削節、昆布)、たかのつめ
内容量 150g
消費期限 1ヵ月
保存方法 -18℃以下にて保存
販売者 訶亙嫋ε后〃本県菊池市隈府58-3