自然派きくち村

自然栽培、農薬・肥料不使用のお米とお野菜。
ストレスをかけない放牧された牛、豚、鶏のお肉。
こだわり抜いた調味料。
それらを使用した惣菜にスイーツ。

ホーム |   きくち村オリジナル ++肉・卵 お肉の加工品 その他、調味料 惣菜 新商品 きくち村の朝食

肉味噌モノガタリ(井さんのあか牛編)100g

価格
1,500円(内税)
在庫数
17
購入個数をお選びください

こちらの商品は、常温便orチルド(冷蔵)便or冷凍便どの発送方法でも可能です。

※チルド(冷蔵)便、冷凍便での発送の場合、ラベルの紙の部分がふやけてしまう恐れがあります。

食べれば社会が変わる?未来を見据える”循環型”肉味噌。

 きくち村で不動の人気を誇る「井さんのあか牛」。抗生剤不使用、九州産100%の飼料を食べ、一年を通して放牧でのびのびと育ったあか牛は、無駄な脂身や臭みが少なく、本当においしいとのお声をいただいています。
 そんな井さんのあか牛と、きくち村オリジナルの玄米天狗みそ、農薬・化学肥料不使用栽培のにんにくや生姜などを合わせ、おいしい肉味噌ができました。
 熊本県産の自然栽培米と、在来種の大豆「ハッテング大豆」でできたきくち村オリジナル「玄米天狗みそ」がベースの肉味噌は、甘めかつ少し濃いめの、おかずになりそうなしっかり味。味噌の奥深い旨みがあとを引きます。井さんのあか牛は脂肪の少ないもも肉を使用。ゴロっと大きめのカットで噛みごたえある食感は、おにぎりの具に最高。
 他にも、冷奴に乗せたり、辛味をプラスして麺類のトッピングにしたり、生野菜に合わせたり…、と使い方たくさん。おつまみにももってこいのお味です。

 実はこの肉味噌、きくち村インターンの大学生、坂田さんがきくち村とともに企画した商品。肉味噌の材料それぞれの生産者さんの「モノガタリ」を受け取ってほしいという思いでこの商品名がつけられました。井さんのあか牛以外にも、今後は「宮川ファームのジャージー牛編」「さかうえの黒毛和牛編」「やまあい村の走る豚編」など、計6種の販売を予定しています。
 おなじみ生産者さんの"物語"を改めて知り、畜産の、そして農業の"循環"について思いを馳せてみませんか?

「肉味噌モノガタリ」全6種類。ただいまクラウドファンディングに参加中!
7/31に募集を終了しました。プロジェクトへのご参加ありがとうございました。

こちらの商品は今回の「井さんのあか牛編」の他に「井さんのあか牛ピリ辛」「宮川ファームのジャージー」「さかうえのグラスフェッド黒毛和牛」「さかうえのグラスフェッド黒毛和牛ピリ辛」「やまあい村の走る豚」計6種の販売を予定しており、現在クラウドファンディングサイトに参加しております。こちらのサイトより「肉味噌モノガタリ」全商品セットやその他の商品を、ご支援という形でご購入いただけます(お届けは8月を予定しています)。商品に興味を持ったけどお急ぎでない、という方は、ぜひクラウドファンディングにご参加ください。

https://camp-fire.jp/projects/view/438228

クラウドファンディング、CAMPFIRE

令和3年7月10日発刊の熊本日日新聞に取材記事が掲載されました!



肉味噌の材料へのこだわり

  • 井さんのあか牛

    野生の牧草をメインに、1/3の割合で九州産の穀類(大豆、大麦、小麦)を与え、完全通年放牧で育てています。

  • 玄米天狗みそ

    自然栽培の玄米と、熊本県の在来種ハッテング大豆を使って作られたきくち村オリジナル味噌です。

  • 日本酒

    自然栽培の酒造好適米「雄町」を醸したきくち村オリジナル日本酒「菊池川」を使用しています。

  • 有機三州味醂

    愛知県の三河地方で2年かけ醸造された有機本みりんです。

  • にんにく

    熊本県産の農薬・化学肥料不使用のものを使用しています。

  • しょうが

    熊本県産の農薬・化学肥料不使用のものを使用しています。



肉味噌ができるまでのモノガタリ

 この肉味噌シリーズは、きくち村にインターンでやってきた大学生、坂田空(さかた そら)さんが中心となって商品化を進めました。坂田さんは、環境問題を入り口に「環境にも人にも優しい食」について勉強したいと思い、きくち村を研修先に選んだそうです。
 研修中にはさまざまな商品や生産者さんに触れる中、「循環型」の畜産を続ける生産者さんたちに出会いました。現代日本の畜産の問題点に気づいた坂田さんは、これらの生産者さんの商品を販売することで、問題解決への糸口が見えるのではないか、そしてこの「循環型の畜産を使った肉味噌」を市場に出すことで、消費者の皆様に新たな価値を提供することができるのではないか、と考え、きくち村スタッフとともに「肉味噌モノガタリ」の開発に着手。パッケージデザインは坂田さんの手によるものです。

【坂田さんより】
 原材料がどこからきたか、どんな人がどんな思いで作ったか、までわかる肉味噌。この肉味噌にはさまざまな“モノガタリ”がつまっています。
 今、世界的に畜産の工業化が進んできていています。肉食化が進んできた現在では、消費者はより安く大量の肉を求め、農家はそれに応えるべくより効率的に家畜を生産しようとします。遺伝子組み換えの飼料を与え、脂肪をつけさせるために狭い場所で育てます。自由に動けない牛にはストレスがかかり、免疫が低下します。病気の予防のため抗生物質を頻繁に投与し続けるため過剰投与になります。これが原因で抗生物質への耐性菌が生まれ、人にまで害を及ぼす危険性があると言われています。家畜の排せつ物も処分のために畑に過剰にまくため、自然の力では分解しきれず地下水を汚染しています。もっと、人にも家畜にも社会にも優しい畜産は無いのでしょうか?

 経済のことだけではなく、家畜のことや、自然環境のことまで考える畜産農家さんに出会い、この生産者さん達を応援できる商品を作りたいと考えました。今の畜産にどういう問題点があるのか、私たちとの関係をこの「肉味噌」を通して知って欲しい。そしてそれを買ってもらうことで生産者を応援し、社会も良くしていきたい。このような思いで、こだわりの肉味噌を作りました。

肉味噌をつくるひと

 この肉味噌を作るのはきくち村の専属料理長有働満(うどう みつる)。中学卒業後から料理人としての修行を始め、京都の懐石料理屋や寿司屋、フードコーディネーター、マレーシアのホテルや湯布院の温泉宿で料理長を務めるなどの27年間の実務経験があります。きくち村では豊富な経験からの料理の知識や技術で、あらゆる商品を開発してきました。

【有働料理長より】
 27年間積み重ねてきた技術や知識をこの肉味噌に込めて作りました。ご飯に乗せるだけではなく、生野菜につけたりうどんに乗せたり、様々なアレンジを楽しめる肉味噌です。これから開発する他の5種も、食感の違いや辛みなど飽きのこない肉味噌にする予定です。ぜひ食べてみてください。

肉味噌モノガタリ(井さんのあか牛編)
名称 肉味噌
原材料 牛肉(熊本県産)、玄米みそ(熊本県産)、日本酒(熊本県産)、有機みりん(愛知県産)、有機きび糖(ブラジル産)、にんにく(熊本県産)、しょうが(熊本県産)、醤油(小麦、大豆を含む)(熊本県産)、ごま油(熊本県産)
内容量 100g
賞味期限 3ヵ月
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存して下さい。
開封後は冷蔵庫で保管してください。
製造者 訶亙嫋ε后〃本県菊池市隈府58-3