自然派きくち村

自然栽培、農薬・肥料不使用のお米とお野菜。
ストレスをかけない放牧された牛、豚、鶏のお肉。
こだわり抜いた調味料。
それらを使用した惣菜にスイーツ。

ホーム |   ワイン 年末年始 未成年者確認

自然派ワイン【スパークリング】クアルティチェッロ_レ・ボチェッテ_2020

価格
3,630円(内税)
在庫数
在庫なし

ドライな爽やかさを極めたフリッツァンテ

Le Boccete
レ・ボチェッテ 2020

  • Spergola Emilia IGP frizzante / スパークリング/750ml / 11%vol

クアルティチェッロが新しく手に入れた畑のスペルゴラで造られたフリッツァンテ。ステンレスタンクで自然酵母発酵。果皮と2日間のマセラシオン。ノンフィルターでボトリングを行い、瓶内で再発酵、6〜8ヶ月間熟成したメトド・アンチェストラーレ。エチケットには土地を購入したする時の同意書にサインをするためのペンが描かれています。

  • スペルゴラ 100%
香り:
シトラスやライムを思わせる爽やかさ全開な香り。瓶内で自然に再発酵による澱と酵母とミネラルを感じる自然な香りを楽しめます。
味わい:
まさにフレッシュで爽快感のある酸の効いた味わい。最高にドライでソリッドなキレッキレの果実感を思う存分楽しめます。
酸化防止剤:
極少量使用

Quarticello クアルティチェッロ

華やかで強いアロマを放つワインを造り出すエミリアの貴公子

彼の畑は砂質と粘土質の合わさった土壌構成をしており、グイヨー式で葡萄樹は栽培されます。付近の浅瀬にはたくさんの砂利が含まれていて、葡萄に芯のある酸を与え、彼らのワインの大きな個性の元になっています。オーガニックの認証を取得しており、農法の中にはビオディナミも取り入れています。植物病害から葡萄を守る為、銅と硫黄のみを使用し、肥料は自然な物を使用します。自然環境に負荷をかけない誠実な農作業により、畑内で特有の微生物が増殖していきます。土地の個性を持つ野生酵母を備えた強い葡萄が育ち、醸造においては酵母や過度の亜硫酸を添加せずとも健全なワインになって行くそうです。栽培する葡萄品種は主に、“マルヴァジア・ディ・カンディア”、“ランブルスコ・マエストリ”、“ランブルスコ・サラミーノ”、“ランブルスコ・グラスパロッサ”、“マルボ・ジェンティーレ”、“スペルゴラ”などのエミリア土着品種があります。フリッツァンテとランブルスコはボトル内で発酵を完成させる伝統的で自然な方法*を取っています。シャンパーニュ方式とは違い、リキュール添加をせずに葡萄の持つ糖分と酵母のみで発泡性ワインを造るのが特徴です。

世界でも大量に消費されるワインであるがゆえに、商業的な造りや出来栄えが見受けられるプロセッコが多い中、彼らは大量生産には走らず、その代わり、次世代により一層素晴らしい健全で力のある畑を残したい、というこれから先を見た考えを持っています。この考えや行動は実際に畑を強くし、ワインの味わいの奥深さにもしっかり直結していると確信します。

エミリアのマルヴァジア・ディ・カンディアは他の地域のマルヴァジアと名の付く品種とは一線を画します。非常にアロマが強く、果皮に含まれる風味、タンニンが白ブドウの中でもかなり強力です。長期間のマセラシオンを行えば、赤ワイン顔負けの渋いワインが出来上がります。クアルティチェッロはそのタイプの造りの中ではソフトで優しく繊細なワインを造り上げるのが特徴です。また、モンテッキオ・エミーリアの特徴として、アルコールが高くない穏やかな甘みを感じるマルヴァジアが育ちやすいそうです。

醸造中も自然な葡萄の個性を変化させぬように、So2の使用は最小限に抑えられ、最初の葡萄プレス後の使用に限られます。この土地ならではの土着品種の個性を変化させぬように行動するよう心がけています。



酒類販売管理者標識はこちら