自然派きくち村

食の向こうには
伝えたいストーリーがある

ホーム |   くだもの

若杉さんのキウイ(農薬不使用・無施肥栽培)3〜4個(250〜300g)

価格
650円(内税)
在庫数
残り 2 です
購入個数をお選びください

こちらの商品は、冷凍便orチルド(冷蔵)便にてお送りします。

通常便の商品との同梱はできません。通常便商品を一緒にご注文の場合、2個口発送となります。

キウイが若い場合は追熟が必要です。

★そのまま食べると酸っぱいのでご注意ください★
キウイは室温程度でも追熟しますが、リンゴと一緒にポリ袋に入れて、少し空気が通るようにしておくと早く熟します。
(リンゴが出すエチレンガスが、果物の熟成を促すそうです)
リンゴほどではありませんが、バナナやみかんでも追熟できますよ。
食べ頃の見分け方は、キウイを縦に軽く指で押してみて、少しへこむ位がGood!
追熟していないキウイは冷蔵庫で長く保存することが可能です。

キウイの木の前に立つ若杉さん

両親が残してくれた無農薬栽培のキウイフルーツ畑

 熊本県北部に位置する山鹿市。菊池川が中心部を流れていることから、古くより豊かな穀倉地帯として栄えてきた歴史のある地域です。また、泉質が良いことで人気の山鹿温泉や、県内外から多くの方が訪れる山鹿灯篭祭りなどでも広く知られています。
 そんな同市にて、無農薬・無施肥で「キウイ」を栽培されている若杉英幸さん。元々ご実家は、米や野菜を中心に果樹なども栽培されていた専業農家でしたが、10年以上前にご両親が他界された後は年に数回、英幸さんが田畑に手を入れるだけの状態だったといいます。
 しかし5年前、長年勤めていた会社を定年退職したことを機に、畑や田圃を守るために実家に戻り、農業を始めることを決意。キウイ栽培に関しては、元々ご両親も農薬を使われていなかったので、英幸さんも同じく無農薬で栽培されています。

たわわに実ったキウイ

 英幸さんがキウイ畑を引き継ぐ数年前から、収穫もしないほぼ耕作放棄地だったため、ジャングル状態だったというキウイ畑。その地をコツコツと数年かけて手を入れ、一昨年前から本格的な収穫が出来るようになったそうです。
 「剪定方法も何も知らなかったから、本当に試行錯誤でしたよ」と笑って話される英幸さん。現在20本近くの果樹を管理され年間200kg以上を収穫できるまでに回復しています。
 自然のままに実を付けたキウイですから、大きかったり小さかったり大きさがバラバラで、見た目も多少キズがあることもあります。しかし、しっかり追熟させて食べてみると、輸入物では味わえないフレッシュな甘酸っぱさが最高に美味しいですよ。

キウイを半分にカット
若杉さんの自然栽培キウイ
名称 キウイ
生産者 若杉英幸
生産地 熊本県山鹿市
農法 自然栽培
自然栽培歴 10年以上