安心・安全な食材なら自然派きくち村へ!誰が、どこで、どのように作ったのか分かる、
無農薬・自然栽培、有機栽培のお米やお野菜、調味料、ごぼう茶などをお届けします。

販売価格
980円(内税)
在庫数
10袋
購入数

【メール便・発送商品】通常の送料より料金が安いのでお得です!

商品1袋もしくは2袋をお選び下さい(上限2袋)。※他の商品との同梱はできません。
同梱されたい方は下記よりご注文下さい。
自生よもぎとすぎな合わせ粉末 50g(九州産/福岡県、宮崎県・無施肥・無農薬)
発送は「ゆうメール」のみ、 代金引換でのお支払いは不可となります。ご了承ください。


メール便でのお届けは、商品がお客様のポストに届きます。送料が安く済みますが、日時・時間帯のご指定はできません(商品到着までに1週間程度かかる事がございます)。また、配達の遅延や商品の紛失など、配達時のトラブルに対する補償はできかねますのでご了承ください。
  • よもぎの写真
  • よもぎ粉末の写真
  • スギナの写真

九州産・自生よもぎの粉末。

よもぎは野山や道ばたの日当たりのいい場所にごく普通に自生するキク科の多年草です。日本では、虫刺されに生のよもぎ葉を揉んで付けたり、ひな祭りの草餅・お灸のもぐさ・菖蒲湯など、古くから食用や薬草として用いられてきました。女性の健康と美を守る植物としても利用されてきました。 中国の文献によると、よもぎの漢方名は、艾葉(がいよう)と呼ばれており、艾とは『病を艾(止)める』と意味とされています。栄養成分としては、カロチン・クロロフィル・ビタミン・鉄分・カルシウムなどが多く含まれています。その効能や栄養価の高さから、万能であるとも称される薬草です。よもぎに含まれるクロロフィルは、吸収されやすく、体内にはいると新陳代謝を促進して体を温めます。

万能薬草:よもぎの写真

よもぎに含まれるクロロフィル。

よもぎに含まれるクロロフィルは食物繊維の5000分の1の大きさで、小腸絨毛の奥に蓄積したダイオキシン、残留農薬、有害金属(水銀、鉛)を取り除いてくれる働きがあります。クロロフィルは赤血球と分子構造がきわめて似ており、“緑の血液”といわれます。最近の研究では、浄血・造血作用による血圧を下げる効果やインターフェロンを増やしてガンを抑制する効果も確かめられています。

こんなに多様な成分を含むよもぎ、「これさえ飲んでおけば大丈夫」という気持ちになるのが人情ですが、まずは添加物や薬剤を含まない食材での食生活を心がけ、日常の食生活に取り入れてみてください。懐かしいよもぎの自然な風味にリラックスしていただける事と思います。
九州産(福岡県・宮崎県)の環境汚染されていない自然の中で、無施肥・無農薬で自生している元気なよもぎを、乾燥後に細かい粉末にしています。

スギナって…実はスゴイんです!

 「つくし誰の子、スギナの子」という童謡があるように、スギナはつくしと地下でつながっているシダ植物門、トクサ科の多年草。つくしは繁殖を担当し、スギナは栄養面を担当していると言われています。
 スギナは田んぼのあぜや土手、原っぱなどにたくさん繁る“いわゆる”雑草で、取っても取っても生えてくるので農家の人達からは嫌われる存在。しかし、逆に言うとものすごい生命力を持っているということですから、日本では古くから生薬としてのスギナの効用は伝承されてきました。ヨーロッパでもその高い栄養価は評価されており、ドイツではハーブテイーとして広く認知されているそうです。

スギナ茶

スギナには嬉しい成分が沢山含まれています

 貧血の予防・改善、抗酸化作用、コレステロール値の減少によって血中脂質濃度を適正化するなどの作用があるクロロフィル(葉緑素)をはじめ、サポニンの一種であるエキセトニンや、フラボノイド類なども豊富に含まれています。 また、ミネラル類(カルシウム、マグネシウム、鉄、ナトリウム、カリウム、亜鉛)・ビタミン類(ビタミンB1、B2、Cなど)やアミノ酸など多くの成分を含んでいるため、ミネラルの宝庫とも言われている、栄養価の高い食材なのです。
 さらに、多くのケイ素が含まれているのも特徴。ケイ素は血管や皮膚や毛髪、爪、関節、骨や歯、筋肉など、体のあらゆる組織・細胞に存在する栄養素で、健康維持には不可欠な栄養素だと言われています。

生スギナ

 今回のスギナ粉は、九州産(福岡県・宮崎県)の環境汚染されていない自然の中で、無施肥・無農薬で自生している元気なスギナを、乾燥後に細かい粉末に加工しています。この九州産のよもぎとスギナを半分づつブレンドしました。お湯を注いでお茶にして春の香りをお楽しみください。

この商品はサプリメントではございませんので、粉末のままの大量摂取や、連続しての摂取はおすすめいたしません。また、体質・ご体調に合わせてお召し上がりください。

↑上へ戻る