自然派きくち村

食の向こうには
伝えたいストーリーがある

自然派きくち村について

自然派きくち村

「自然派きくち村」は、「“畑からはじまる”商品づくり」をコンセプトに、「誰が」「どこで」「どのように」作ったのか分かる、安心・安全な食品を取り扱うインターネットショップです。このショップでは、農薬や肥料を一切使わない自然栽培によって育てられた米をはじめ、旬の野菜や果物、オリジナルの調味料・惣菜・スウィーツなどを取り揃えています。いずれも、大量生産・低価格に重点をおいた近年の食品とは異なる、栄養豊富で、自然のパワーがたくさん詰まった安心・安全の“本物”ばかりです。

安心・安全の食品を届けたい

私たちは現代の「食」に対して、強い危機感を感じています。世の中にあるほとんどの食べ物には添加物が使われ、スーパーマーケットなどに並んだ野菜には農薬が用いられています。そして添加物や農薬を使う行為が当たり前のことになっています。国が認めているから安全? 本当にそうなのでしょうか? 添加物にまみれた食生活の果てに、一体どんな未来が待っているのでしょう。 売れるものではなくて、食べる人たちにとって本当に良いものを届ける。私たちは安心・安全のために手間暇がかけられ、愛情が注がれた本物を発見し、提供することを使命だと考えているのです。

安心・安全の食づくりの担い手である生産者さん

きくち村が取り扱っている商品の生産者さんたちは、畑から、食べる人のことを思い、土に触れながら、幸せな食の未来づくりに取り組む、安心・安全な食づくりの担い手たちです。彼らの思いは私たちと同じ、みなさんに安心で安全な食を届けること。その思いで、無農薬・無化学肥料栽培をはじめとした、手間暇をかけた農作物づくりに取り組んでいます。自分たちの苦労を厭わず、ただただ食べる人のことを考える。健康であってほしい、笑顔になってほしい、そんな願いが生産者の方々の原動力なのです。

ストーリーのあるオンラインストア
安心・安全をもっと身近にするオリジナル商品づくり

私たちが「誰が」「どこで」「どのように」つくったのか分かるようにしているのは、実は、安心・安全のためだけではありません。商品の向こう側の、本物をつくる生産者さんたちの願いや、たゆまぬ努力の軌跡は、いわば、あなたが手にする商品が生まれるまでのストーリーです。それを知ることは感動や感謝をもたらし、きっと「食べること」をもっと楽しく、もっと美味しくしてくれるはずです。

私たちはオリジナル商品の開発にも力を入れています。 体に良いものは美味しさからは遠いイメージを持たれがちです。ですが、きくち村の商品開発ポリシーは、「安心・安全と美味しいを天秤にかけないこと」そのままでも十分素晴らしい、生産者さんの思いのこもった本物の素材を活かして、安心・安全はそのままに、また食べたくなる程の美味しさ、できるだけ便利でつかいやすいカタチに仕上げる。 そこに一切妥協はありません。一度食べてみたい、そして何度でも食べたいと思ってもらえる商品づくりで、安心・安全をもっと身近にしていきたいと考えています。

安心・安全をずっと未来まで

きくち村の商品の価格は、生産者さんたちの言い値で販売されています。私たちはこの価格を「生産者さんがこの商品をつくり続けるために必要な価格」と捉え、お客様にご理解頂けるよう努めています。

今、日本の農業は、流通主体のサイクルになり、大量生産・低価格に重点をおく農業が主流です。そのしわ寄せは、農家さんの負担として重くのしかかり、国からの補助金なしに運営を続けることは難しい状況なっています。1970年ごろ、かつて1,000万人いたといわれる農家さんは、それからおよそ半世紀経った今、その数は192万人にまで激減。現在もこれからの5年で2割減というように、離農の流れに歯止めがかかりません。本物を食べたい人がいて、つくりたい人がいるはずのに、このままではそれができなくなってしまうかもしれないのです。

私たちは、本物を求めるお客様と、本物をつくる生産者さんをつなぐ架け橋として、安心・安全な商品とともに、見えにくくなってしまった商品の向こう側のストーリー、そこに込められた生産者さんの努力や、思いも一緒にお届けすることで、お客様が納得できるお買い物をしていただきたいと思っています。

そして、食べる人のことを思い、安心・安全な食の未来づくりに取り組んでいるすばらしい生産者の方々のファンになってくれれば嬉しいです。それこそが、安心・安全なものを消費者が食べ続けられる、生産者がつくり続けられる未来につながっていると信じています。

自然派きくち村を運営する渡辺商店

きくち村の商品は、生産者の希望価格で極力買取を行い、お客様へ適正価格を見いだし販売を行なっております。私たちはこの価格を「生産者さんがこの商品をつくり続けるために必要な価格」と捉え、お客様にご理解頂けるよう努めています。

今、日本の農業は、流通主体のサイクルになり、大量生産・低価格に重点をおく農業が主流です。そのしわ寄せは、農家さんの負担として重くのしかかり、国からの補助金なしに運営を続けることは難しい状況なっています。1970年ごろ、かつて1,000万人いたといわれる農家さんは、それからおよそ半世紀経った今、その数は192万人にまで激減。現在もこれからの5年で2割減というように、離農の流れに歯止めがかかりません。本物を食べたい人がいて、つくりたい人がいるはずのに、このままではそれができなくなってしまうかもしれないのです。

私たちは、本物を求めるお客様と、本物をつくる生産者さんをつなぐ架け橋として、安心・安全な商品とともに、見えにくくなってしまった商品の向こう側のストーリー、そこに込められた生産者さんの努力や、思いも一緒にお届けすることで、お客様が納得できるお買い物をしていただきたいと思っています。

そして、食べる人のことを思い、安心・安全な食の未来づくりに取り組んでいるすばらしい生産者の方々のファンになってくれれば嬉しいです。それこそが、安心・安全なものを消費者が食べ続けられる、生産者がつくり続けられる未来につながっていると信じています。