自然派きくち村

食の向こうには
伝えたいストーリーがある

ホーム |   海藻 だし

島原干し昆布50g (九州・長崎県産) 出汁によし!食べてよし!

価格
380円(内税)
在庫数
残り 2 です
購入個数をお選びください

この昆布は、水揚げ後、水洗いを行い天日乾燥を行っております。
その年の気候や風向き、日照時間により、柔らかくなるなど仕上がりにバラつきが出ますが、
品質には問題ありません。

昆布の束
昆布料理写真
昆布料理写真02

貴重!九州産昆布。島原昆布の特徴とは...

 お探しの方も多かったのではないかと思われる九州産昆布。比較的厚みの薄い昆布なので、そのまま千切っておやつ代わりにもなります。ただ、天然の海水の塩分が残っているので、少々塩辛く感じる方もいるかもしれません。繊細な味の湯豆腐にと出汁をとってみましたが、明るく金色に輝く色味に、昆布の風味がしっかりと効いた絶品出汁。出汁をとった後の昆布は細切りにして他のお料理に加えるもよし、そのまま食用にできるとても柔らかい万能昆布なのです。

島原の港

雲仙普賢岳のふもとにある、のどかで小さな漁港

 九州西部に位置する雲仙普賢岳がそびえる長崎県島原半島。有明海と島原湾が混ざり合う内海に位置し、海向いには柑橘類の栽培が盛んな熊本県の三角町が見渡せます。島原漁業協同組合は、獲れたての旬な魚や海藻の加工が盛ん。年中を通し豊富な素材が水揚げされており、島原の近海で捕れたもののみを扱うというこだわりの中、厳選し加工・販売されています。

港の様子
かもめ
マンニット写真

気になる表面の白い粉
 表面に白い粉が吹き出ている昆布をご存じですか?これは、「マンニット」と呼ばれるグルタミン酸の一種、つまり旨み成分が結晶化したものなのです。昆布に水分が残っているとマンニットが水分に溶けだします。その水分が蒸発する際に、昆布表面にはマンニットが残り白い粉状で確認できるのです。白カビとの見分けはニオイでわかります。カビ臭さが昆布からする場合は召し上がるのはお避けください。カビが繁殖しやすい高温多湿を避け、冷暗所で保管するようにしましょう。

島原干し昆布50g (九州・長崎県産) 出汁によし!食べてよし!
原材料名 昆布(長崎県島原産)
内容量 50g
保存方法 直射日光、高温多湿を避け冷暗所にて保存してください。
製造者 島原漁業協同組合
長崎県島原市
加工・販売者 (有)渡辺商店
熊本県菊池市