自然派きくち村

食の向こうには
伝えたいストーリーがある

ホーム |   豚肉 新商品

やまあい村の走る豚 ロースしゃぶしゃぶ用 200g【冷凍】

価格
870円(内税)
在庫数
28
発送方法をお選びください
購入個数をお選びください

こちらの商品は、冷凍便orチルド(冷蔵)便にてお送りします。

通常便の商品との同梱はできません。通常便商品を一緒にご注文の場合、2個口発送となります。

しゃぶしゃぶ・冷しゃぶサラダ等におすすめ!「走る豚」しゃぶしゃぶ用。

 ロースしゃぶしゃぶ用200g単品の冷凍パックです。「走る豚」の肉質は放牧場を走りまわる為、従来の柔らかい豚とは違い、歯ごたえがある食感が特徴。肉質がキメ細かく、肉の部位の中でも一番美味しいと言われているロース肉は、脂にも旨みが凝縮されています。タレや調味料が絡みやすい薄さにスライスされているので、さっと湯をくぐらせてすぐ食べられるしゃぶしゃぶ、冷しゃぶサラダ等にお使い頂けます。

大自然の中で走って、食べて、休む豚

 「ブヒーッッ!!」土埃をあげながら、もの凄い勢いで走り回る豚たち。菊池市の山中にある「やまあい村」では、3500坪もの広大な土地で100頭ほどの豚の放牧飼育を行なっています。狭い豚舎で飼育されているイメージとは180度違い、ここの豚はまさに"野生"。クヌギ林の間をところ狭しと走りまわり、疲れたら土の窪みで休憩し、そして再び走りまわります。走る速度はなんと時速30km!意外に速いんです。
 元々この場所は国が産業廃棄物の処分場を作る予定でした。しかし「菊池の大切な自然の山を破壊するなんて以ての外」と、武藤計臣さんが仲間と共に反対運動を起こし、その後この土地を買い取って「やまあい村」を作りました。

 かつて日本テレビで放送されていた料理バラエティ番組「どっちの料理ショー」で紹介され、大変な反響をよんだ「走る豚」。その走る豚の特徴はその味わい豊かな肉質。運動させずに育てた豚と違い、走りまわって育つ豚の肉は余計な脂肪分が減り、適度な歯ごたえとやわらかさがあります。また豚肉特有の肉の臭みが少なく、食べた時に五感で感じる味わいが違います。これが「豚本来」の味なんです。
 食物連鎖の中で、人に育てられて食べられていく豚たち。でもそれを当たり前と思わずに豚に感謝の気持ちを持っているからこそ、出荷するその時まで一頭一頭を大事に動物らしく育ててあげたいのです。広大な自然の中で愛情豊かに育てられた豚たち。今日も元気に走ってます!