自然派きくち村

自然栽培、農薬・肥料不使用のお米とお野菜。
ストレスをかけない放牧された牛、豚、鶏のお肉。
こだわり抜いた調味料。
それらを使用した惣菜にスイーツ。

ホーム |   ++発酵・乳製品 麹・酒粕・味噌 ++惣菜・おかず 惣菜 漬物 冷凍発送商品

きくち村の自然栽培酒粕を使った粕漬けの素 300g【冷凍】

価格
680円(内税)
在庫数
残り 10 です
購入個数をお選びください



こちらの商品は、冷凍便にてお送りします。

一部の常温便・チルド(冷蔵)便の商品との同梱はできませんので、2個口発送となります。

自然栽培米使用の粕漬けの素、いろいろ漬けて本格粕漬け

 皆様、粕漬けはお好きでしょうか。平安時代の文献にも登場する「粕漬け」は、日本酒を絞ったあとにできる酒粕を調味した粕床に、魚や肉、野菜などを漬けた、日本の伝統的な保存食です。
 きくち村では数種類のお酒の酒粕を扱っていますが、この酒粕を使って、簡単に粕漬けを仕込める「粕漬けの素」を作りました。
 使用した酒粕と日本酒、味噌に至るまで原材料のお米は農薬不使用・肥料不使用の自然栽培。味噌の大豆も自然栽培。きくち村ならではの粕漬けの素となっています。魚をはじめとする海産物やお肉、野菜などを漬け込んでみてください。変わり種として、ゆで卵や卵の黄身、クリームチーズなどを漬け込んでも。ごはんのお供もお酒のアテも作れます。
 きくち村で漬けてみたのはゴボウ(茹でたもの)と鴨肉。それぞれの食材に酒粕の深みとコクが加わって、オツな味わいの一品ができあがりました。  

調理例です。

使い方

  • ・粕漬けの素を解凍後、お好みの食材を1〜3日漬け込んでください。
     (お好みと食材によって漬ける期間を調整してください)
  • ・野菜は塩をさっとすりこんでから漬けてください。
  • ・魚の切り身や肉は表面に塩を振ってしばらくなじませ、出てきた水気を拭き取ってから漬けてください。
  • ・漬けた魚や肉を焼く際は、表面についた粕を拭い取ってから焼いてください。
     (粕が残っていると焦げやすくなります)
  • ★一度漬けた粕漬けの素は再度お使いいただけます(2〜3度を目安にお使いください)。
     冷蔵の状態ですと酒粕の発酵が進むため、しばらく使わない時は冷凍しておくと、長く使うことができます。
きくち村の自然栽培酒粕を使った粕漬けの素
名称 粕漬けの素
原材料 酒粕(福岡県又は熊本県製造)、日本酒(熊本県製造)、甜菜糖(イタリア製造)、味噌(熊本県製造)、塩(中国内モンゴル製造)
内容量 300g
賞味期限 6ヵ月
保存方法 -18℃以下で保存してください
製造者 訶亙嫋ε后〃本県菊池市隈府58-3