自然派きくち村

食の向こうには
伝えたいストーリーがある

ホーム |   食用油

堀内製油 地あぶら 825g(熊本県産・農薬不使用栽培なたね油)

価格
1,730円(内税)
在庫数
6
購入個数をお選びください

こちらの商品は、通常便orチルド(冷蔵)便にてお送りします。

冷凍便の商品との同梱はできません。冷凍便商品を一緒にご注文の場合、2個口発送となります。

内容量が変わりました。(660g→825g)

古式しぼりの油
天麩羅を揚げている
『堀内製油』堀内家三代
堀内油屋の吉無田農場

「堀内油屋」の守るべき伝統

「堀内油屋」は熊本県八代郡の伝統ある油屋です。 昭和20年終戦後の混乱期に(有)堀内製油会長堀内義信は、菜種の搾油業に道を見いだし、裸一貫で少しづつ附帯設備を整え、八代地方の農家の菜種を搾油することから始まったそうです。現在なたね油の原料は全て国内産100%、そのほかの原料も厳選した良質なものを使用し、創業以来、変わらず昔ながらの「古式圧搾製法」と「一番搾り」にこだわっています。こだわりを守り抜いた美味しくて良質な堀内油屋の製品は、おとりよせに人気の品として料理雑誌や女性誌、テレビ番組にも取り上げられ、多くの人々に支持されています。

「古式圧搾製法」と「一番搾り」

【1.焙煎】厳選された原料を、煎り釜でじっくりと焙煎します。使う原料、その日の天候などで微妙に温度を調節します。
【2.圧搾】圧搾機を使い、原料を1回だけ搾り搾油します。60年間変わらぬ、こだわりの一番搾りです。
【3.温水洗い】搾油した原油に温水を加え、油に含まれる不純物を取り除く工程。水は油よりも比重が重いので、不純物は水と一緒に沈殿します。
【4.ろ過】不純物を取り除いた油を、さらに和紙製のフィルターに通し、ろ過します。ここまで、およそ1週間の時間をかけ、ようやく一番搾り油の完成です。

しぼりだされた油 菜の花

 『常にお客様の支持に応えられる企業でありたい。 安全で安心して食べられる食品を提供し続けたい』このことは堀内克矢社長の経営理念であり、堀内油屋の存続理由だといいます。このように小さな企業さんが国内での食の生産と安全を目指されている事は私達消費者にとって希望の光です。『将来は菜種、椿、ごまを自社栽培できる農園を造り、栽培・製造・販売と一貫して行うことで、原料・植物油の安全確保がより一層確かなものとなり、安心して食べられる本物の昧を皆様に広めたいと思います。』

『これからも一滴一滴に真心込めて』

堀内製油 地あぶら 825g(熊本県産・農薬不使用栽培なたね油)
原材料名 食用なたね油(熊本産)
内容量 825g
保存方法 直射日光を避け、常温で保存してください。
製造者 詼抛眄縮
〒869-4803 熊本県八代郡氷川町 吉本94
電話 0964-43-0221