自然派きくち村

食の向こうには
伝えたいストーリーがある

ホーム |   アイス

ジャージー牛乳と農薬不使用栽培いちごのアイスクリーム【至福の苺】75ml×10個

価格
3,200円(内税)
在庫数
在庫なし

こちらの商品は、冷凍便にてお送りします。

通常便、チルド便(冷蔵)の商品との同梱はできません。 通常便、チルド便商品を一緒にご注文の場合、2個口発送となります。

至福の苺アイスクリーム
いちご
ジャージーミルク

究極のバニラアイスは究極のミルクから

 熊本県は豊かだ。多くの木々や生き物を抱いた山や丘、温泉、清い水。地元の自然栽培や有機栽培の生産者さんを訪ねる度に心からそう思います。山に囲まれた風土の中で、昔ながらの知恵を使った農法・畜産が営まれています。美味しいものが大好きな渡辺社長が言いました。
「究極のバニラアイスを作ったらうまかろうね…作るばい!」
 渡辺社長の頭の中には、素晴らしい農畜産物を手掛ける生産者さんがどこにいるのかの地図が入っています。そしてこれぞと思う所ならば、どこへでも行くのです。大地を走り回って集めた食べ物…まさに『御馳走』と言うことですね。こうして熊本産のこだわり食材を使用して『究極のバニラアイス』をつくるプロジェクトが始まったのでした。

  • 熊本県玉名市
  • 矢野さん家のジャージー牛
  • 矢野さん家のジャージーミルク

 アイスの原料はミルクです。「餌まで自然農法のジャージー牛の牛乳がある」との情報を得て熊本県にある『玉名牧場』に辿り着きました。県北の有明海を望む小高い山に位置する、自然の中の牧場です。豚小屋、牛の放牧場、鶏の放牧場があり、自然栽培の自家菜園もあります。家畜たちの餌までもが自給自足、完全な循環が出来上がっています。
 牛達は山の上にある放牧場で生の青草のみを食べ太陽を浴び寝そべり、ときに雨にさらされ、山を歩きまわり元気に暮らしています。小屋に入るのは子牛を産む時と搾乳の時位だそうです。花の名前をもらったジャージー達の目は優しく、活き活きとしており、人懐こいようでかなり近くまで寄ってきます。

 体に合った餌を消化しきれる分だけ食べ、運動をしている牛は体も丈夫なので、一生のうち最高で10回も人の手を借りずに自分で赤ちゃんを産むことができるのだそう。
 牧場の見学後、牛乳を頂きながら、玉名牧場の矢野さん、アイス研究所「ついんスター」の芳賀夫妻、あきんど百姓こと渡辺社長でアイスクリーム作りの作戦会議です。矢野さんが注いで下さった希少なジャージーのミルクはうっすらクリーム色をしています。通常の牛乳の乳脂肪分は3.6%程ですが、この牛乳の乳脂肪分は5.2〜5.7%もあります。「こんな美味しいジャージーミルク、久しぶりに飲んだ!」と芳賀夫妻。どんなアイスクリームができるのでしょうか。わくわくします。

伊藤さんハウス内にて
木材チップと菌糸

熊本県鹿本町の無農薬栽培苺

 2013年3月、イチゴ農家として就農された伊藤将宏さんご夫婦。前職では、開発途上国への国際協力を行う独立行政法人に所属し、フィジーに常駐されていたというちょっと珍しい経験をお持ちです。そこで、途上国へ行う様々な支援業務内に農業に関することが多かったこともあり、いつしか「自分で農業をしたい」との思いが積み重なっていかれたそうです。そんな伊藤さんが、出身地でもない熊本で就農されたのは、前職の同僚で現在、有機農業関連の会社に務める友人に「就農を考えている」と相談したところ、同県にて無農薬でイチゴを栽培している農家さんを紹介してもらい、自分に合っていると感じたから。その後、家族で移住され1年の研修を経て就農されました。

いとう農園のこだわりは「美味しい」と「安心・安全」

 「就農する際、イチゴ栽培に決めたのは子供が喜ぶから」と、満面の笑みで話される伊藤さん。しかし、イチゴは病害虫に弱く、一般的には農薬なしでは栽培できないと言われている作物。そのデリケートな作物を伊藤さんは就農以来、化学合成農薬を使わない栽培方法でチャレンジされているのです。

 イチゴの無農薬栽培は、ほとんど前例がないので毎年、試行錯誤の繰り返し。最初は肥料も一切使わない炭素循環農法を取り入れられましたが、「安全な食品でも美味しくなければ意味がない」そんな考えより、有機JAS認定で使用できる有機肥料にミネラルたっぷりの海藻やニガリ、さらに乳酸菌など畑を丸ごと醗酵させる微生物を使用する事で、いとう農園独自の豊かな土壌を作り上げられました。

素材を彩り豊かに仕上げる、アイス開発30年のプロフェッショナル

 アイスの開発・製造を担当下さるのは、菊池市にあるアイスクリーム専門工房ついんスターの芳賀夫妻です。製造責任者の芳賀祐司さんは、アイスクリームの企画・開発を続けて30年以上のプロフェッショナル。12年前菊池で「ついんスター」を開店しました。熊本県内の農産物を積極的に使用した地域色豊かな熊本県のご当地アイスの開発を数多く手掛け、多くの人の舌を驚かせ数々の賞を獲得しています。近年の受賞歴は天草の塩のり塩風味アイスクリームは、「肥後もっこすのうまかもん」人気投票(2010年11月6、7日 グランメッセ熊本物産フェアにて開催)にて、金賞を受賞。米粉アイスクリームは、米-1グランプリ(ベーワングランプリ)2010にて、準グランプリを受賞。

アイスクリーム工房ついんスター店内 矢野さん家のジャージーミルク

この度は熊本県育ちの無農薬栽培・伊藤農園の苺の豊かな香りを活かす為に、甘味をすっきりとした甘さの有機きび砂糖に変えています。苺はひのしずくを中心に品種ミックスで使用しています。原材料は玉名牧場のジャージーミルク、熊本県産の生クリーム、山あい村の卵黄、有機きび砂糖、伊藤農園の苺果肉です。香料や着色料などの添加物は一切使用しない、素材本来の味わいと優しい色合いです。
納得のいく品質の原料を惜しみなく使いつつ、余計な物は一切入れない、「大切な人に食べてもらいたい」と言う気持ちから生まれたアイスクリームです。 はっきり言ってしまえば…かなり美味しいです。もし、貰ったらきっと大喜びしてもらえるはず!

ジャージー牛乳と農薬不使用栽培いちごのアイスクリーム【至福の苺】75ml×10個
品名:至福の苺
種類別:アイスクリーム
乳脂肪分10.5% 無脂乳固形分10.5% 卵黄脂肪分50%
内容量75ml(1カップ)
原材料名:ジャージー牛乳・乳製品(熊本県産生クリーム)・有機きび砂糖・いちご果肉・有精卵黄・
製造元:アイスクリーム専門工房
ついんスター
熊本県菊池市旭志麓1584-4
http://ice-twinstar.com/