販売価格
880円(内税)
在庫数
10袋
購入数
発送方法

レビュータイトル
  • rin ( 20代 ・ 女性 )
  • ID:202582
  • 投稿日:2017/03/17 12:22:21
おやつに。
年中常備甘酒用です。
なんとなく玄米でしか作ったことがなかったのですが、次回は白米麹と半々で作ってみようかな・・。
食は安心安全第一。
  • rin ( 20代 ・ 女性 )
  • ID:193035
  • 投稿日:2017/01/17 13:27:50
常備
甘酒用に年中常備です。

欠品時期が長いと困ります。。
  • のすけ ( 20代 ・ 男性 )
  • ID:185239
  • 投稿日:2016/11/24 08:15:14
自然栽培玄米の麹がこんなにお安く買えるなんて驚きです。醤油麹、塩麹にしていただいていますが、とても美味しいです。
  • ゆき ( 30代 ・ 女性 )
  • ID:179370
  • 投稿日:2016/10/15 20:01:10
優しい甘さ
甘酒作りました。優しい甘さで美味しいです。余った分は醤油につけて醤油麹にしました。甘い醤油になり、和え物もこれだけでおいしかったです。
  • いっちゃっm ( 40代 ・ 女性 )
  • ID:176365
  • 投稿日:2016/09/23 10:06:54
常備させていただいてます。
お味噌も甘酒も塩麹も、深みのある味に仕上がり
わが家で大活躍の玄米麹です。
  • はなこ ( 50代 ・ 女性 )
  • ID:174748
  • 投稿日:2016/09/13 01:31:16
こちらの白米麹と玄米麹で味噌を仕込んで2年。
先日2年目の味噌を開けましたが今年も成功!
ありがとうございます (*^。^*)
  • miunaaa ( 40代 ・ 女性 )
  • ID:169395
  • 投稿日:2016/08/11 07:37:41
作り方が悪かったのか、、
自然栽培玄米麹は他のところで買っていましたが今回はこちらで買って今までの所の作り方で甘酒と塩麹を作ると甘くない、硬い。
こちらの方が発酵がゆっくりなのか分かりませんが自分にとりましては少し残念でした。
  • rin ( 20代 ・ 女性 )
  • ID:166292
  • 投稿日:2016/07/18 17:48:32
甘酒用
玄米は無農薬が必須。
白米とは違う、渋い甘味に仕上がります。

時期によっては売切れの時があるので切らさずストックしておきたいと思います。
  • Reo ( 30代 ・ 女性 )
  • ID:154544
  • 投稿日:2016/04/30 22:55:50
やみつき塩麹
こちらの麹を購入しては、せっせと塩麹を作ってます!
お友達に大好評で、市販のものと全然違う味〜と大絶賛の嵐です。
味がまろやかで、やめられません!
  • GO! ( 50代 ・ 女性 )
  • ID:153154
  • 投稿日:2016/04/20 22:10:18
調味料作りに。
醤油麹や塩麹、甘酒作りにも。
安心材料で冷凍保管も出来るので重宝してます。
  • くるみ ( 20代 ・ 女性 )
  • ID:139733
  • 投稿日:2016/01/19 15:37:17
健康を気にする父に
玄米の甘酒を作ってみたくて購入しました。血糖値を気にしている父によさそうです。
  • はなこ ( 40代 ・ 女性 )
  • ID:138340
  • 投稿日:2016/01/09 16:52:38
リピート購入です
今、昨年こちらを使って作ったお味噌を食べています。
玄米麹は白米の方に比べて少しコクがあるように感じます。
  • 未記入 ( 30代 ・ 女性 )
  • ID:105653
  • 投稿日:2015/04/24 02:29:49
味噌作りに
味噌を仕込みました
玄米麹で作るのは初めてですが、出来上がりが楽しみです
  • 未記入 ( 30代 ・ 女性 )
  • ID:105644
  • 投稿日:2015/04/24 02:00:33
甘酒に
いつもは白米の麹を使ってますが、玄米麹で甘酒を作ってみました
いつも通りの作り方でとても美味しくできました

こちらの商品は、冷凍便orチルド便(冷蔵)にてお送りします。

発送方法をお選びください。

(冷凍便をご希望の際、通常便チルド便(冷蔵)の商品との同梱はできません。
通常便、チルド便商品を一緒にご注文の場合、2個口発送となります。)

「卑弥呼醤院の玄米麹」の賞味期限のご案内

・冷凍保管の場合は1年間
・冷蔵保管の場合は1ヵ月

同梱のご案内

卑弥呼醤院謹製 玄米麹


卑弥呼醤院の麹作り


積み重なった麹蓋

  • 卑弥呼醤院ののれんの写真

大正2年創業の卑弥呼醤院

卑弥呼醤院の代表:内田さんは熊本県北部の中程に位置する山鹿市本町で、大正2年に創業以来、『自然と健康を食卓に』との思いから、手づくりのみそ・しょうゆの製造、販売を営まれています。
みそ・しょうゆは、わが国の料理の基本となる食材および調味料として、昔から広く利用されてきました。しかしながら、それに含まれる添加物の摂取量は相当量になる、という現実を皆様はご存知でしょうか。卑弥呼醤院では添加物を含まない、安心して食べられる、製品作りを目指されています。無農薬の農作物を食べて貰いたいきくち村の思いが共鳴して、きくち村オリジナルの米麹の製造をお願いさせて頂く事になりました。

店頭にて

創業から約80年、長年の間に麹菌が棲みついている蔵は清潔に保たれ、独特のよい香りがします。「麹菌は毎日の温度、湿度の変化により個性を持つため、 細心の注意を払ってそれに合った作り方をしなければならず、とても機械化など考えられない」との内田さん。 麹は床寝せ(半切桶で寝かせ、温度調整の為2〜3度床モミをします)して翌朝室ブタに盛り込み「室蓋」を「石室」に一枚一枚丁寧に重ねて、自然の発酵をおこさせて作っています。自然派きくち村の熊本県産・無施肥・無農薬栽培の玄米を素材に、京都より取り寄せた無添加の麹菌(純粋な麹菌の胞子)を用いて、昔ながらの室蓋(もろぶた)1枚、1枚にねかせて手作りで麹に仕上げます。

麹造りの様子

麹に関してのご案内

玄米麹造りは、糠に守られている為、米麹よりも麹菌を行きわたらせるのに手間が掛かるといいます。工夫を重ねて玄米麹を完成させました。麹漬け作り、味噌作り、玄米甘酒作りなどにご利用ください。
冷凍でお送りしますので、麹菌は眠ったような状態ですが、生きています。味噌作りなどは冷凍のままでもぱらぱらとお使い頂けます。お使いになる前に常温に戻してあげて下さい。電子レンジは厳禁です。 大切に育てた麹ですから、異物などが混入しないように品質には細心の注意を払っておりますが、天然木を使った年代物の木樽・室蓋を使って作っている為に、稀に木片が混ざっていることがあります。誠に申し訳ありませんが、その際には取り除いて麹をご使用いただけたらと思います。

麹づくり

  • 麹の写真

↑上へ戻る